月想記

戯言日記

家出のすすめ

2014-02-19 | 芝居
月蝕歌劇団の連続公演で、家出のすすめ ー草迷宮 サード篇ー~書を捨てよ、町へ出よう~
を観てきた。

寺山の7作品が詰め込まれたこの舞台。草迷宮とサードってどういう話になるんだ?と
思ったけれど、これがアングラの真髄ここにあり!といった感じの寺山ワールド。
言葉が舞い、少女達の肉体は跳ね回る。
赤襦袢、狐面、手鞠・・・ザムザが完全に昭和になっていた。

倉敷あみさんは普段あんなに可愛らしいのに、男役になるとめちゃめちゃ凛々しい。
ほんと男前で痺れる。
高田ゆかさんの少年らしさはダントツで、ものすごく引き込まれるお方。
夢野菜摘さんが大胆な濡れ場に挑戦していて、とても印象に残った。あのベビーフェイス
の姫カットにセーラー服がたまらない。←親父かっw
竹内礰郎さんの燻し銀の存在感。アメリカよ!
今回男優さんも沢山出てたけど、いつもにも増してそれぞれが光ってて見応えがあった。
月蝕歌劇団という劇団の底知れぬパワーを感じた舞台だった。

大雪の影響で連日開演が押したりしていて、私が観た時も40分ぐらい遅れて始まった。
その間舞台では役者さん達がモノマネやったり物販紹介をしたりで飽きないように繋いで
くれて、それがすごく和気あいあいとアットホームな雰囲気で気持ちが和んだ。
風邪ひいてて体調も悪くてかなりしんどかったのだけれど、行って良かったと思った。
雪をも溶かす熱いパワーがそこにはあったよ。

最後の名乗りの時に、友利栄太郎さんの髪にマッチの火が燃え移ってかなりの炎が上がって
いたのだけれど、ご本人はそのまま続けていてプロ根性を見た。
火傷とかしていないと良いのだけれど、大丈夫だったのかなぁ。

月蝕の次回はなんとあのドグラ・マグラと疫病流行紀。
これはもうまた絶対行くしかないではないか!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オズの魔法使い

2014-02-16 | 芝居
ザムザ阿佐ヶ谷にて月蝕歌劇団の「オズの魔法使い 月蝕版ー少女と魔女ー」を観た。

ジュディ・ガーランドに捧ぐ・・とある通り、オズの魔法使いの話とジュディの生涯が
絡み合いながら進行する、切なくも不思議な色を帯びた舞台だった。
始めの方がちょっとドタバタと学芸会チックだな・・と思ったものの、その後2つの世界の
見事な交錯にどんどん引き込まれた。
実は私の周りでは何人かが爆睡していて、特に隣にいた男性など開始すぐから寝始めてラスト
までほとんど寝ていてもう信じられなかった。
その方、開演前には月蝕御神籤を張り切って5枚も買っていたのに・・w
前方の席で寝込むなんて本当に失礼だ。あんなすごい舞台を寝るなんてもったいない!

今回若い頃のジュディと母親のジュディの二役を演じてた、倉敷あみさんのスイッチの
切り替えが見事。表情や声のトーンがガラリと変わる。本当に多彩な顔を持つ女優さん。
ジュリエット賞受賞組の3名も出演していたけれど、大蔵愛さんが特に印象的。
ジュディの娘のライザ役を熱演。大きな瞳が美しい。
ドロシー役の柳美穂さんも清楚でとても可愛い。役のイメージと合っていた。
個人的には西の魔女の三明真実さんがツボだった。痺れる姐御キャラ。
北の魔女の舞華さんとの掛け合いも絶妙。
ラストのジュディが手首を切るシーンで手首に仕込まれた装置から水が噴き出すのだけれど、
照明を赤一色にして血しぶきを表現していたのが圧巻だった。
あれを血糊でやられたら客席中えらい事になるけれどw、水を使った見事な演出だった。

私はジュディ・ガーランドの事は名前ぐらいしか知らなかったのだけれど、成功した子役
時代から覚醒剤と睡眠薬漬けで、精神を病んで自殺未遂・・とかなり波乱万丈の人生。
途中ライザが「母をずっと慰めてくれていた同性愛の相手を探したけれど、見つかりません
でした。」・・と語るのだけれど、これがちょっと唐突でえっ、そうなの?と思っている
うちに話はどんどん進む。
そしてお話の最後の方で「ジュディは同性愛者でもありました。」みたいな説明があったの
だけど、これはバイセクシュアル(両性愛者)が正解だろうと思った。
舞台を観ていてジュディの同性愛者的な描写やエピソードが他になかったので、何だか少し
違和感を感じてそれを観劇直後にツイートしたところ、高取英さんご本人から「何回も娘が
語り、探していますよ。」とのご指摘を受けた。
私は居眠りもしなかったし全部しっかり観ていたつもりだったけれど、どうもうまく理解が
出来ていなかったようだ。失礼な発言をしてしまい申し訳なかった。
自分がここで一番引っかかっていたのはジュディをバイではなくビアンと称していたところ
なのだけれど、当事者以外から見るとバイもビアンも同じなんだろうなと思い、それ以上は
敢えて触れなかった。
そもそもジュディの事を私はよく知らないし、結婚して子供がいても同性愛者の人も沢山いる
訳で、男と寝るけど本当に愛せるのは女性だけだったのかもしれない。
ただ今回の舞台を観た印象では、私にはジュディはバイだと思えたんだよね。
自分も当事者であるだけに、どうもそこのところに妙にこだわってしまった。。。

この舞台、再演される事があったらもう一度しっかり観て今度こそちゃんと把握したい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝島

2014-02-11 | 芝居
東京芸術劇場でProject Nyxの宝島を観てきた。
Nyxの舞台はいつもとても華やかで、そして宇野亜喜良さんの絵の世界そのもののような美しい
美術と演出。
観客参加型の今回は随所に笑いもあり、佐藤梟さんの絶妙なMCと共にすごくワクワクと楽しく
自分も参加出来た。

寺山修司が子供向けに書いたミュージカルを、宇野亜喜良さんが大人のメルヘンとして作り上げた
この作品。
一緒に歌を歌ってそのパワーで幕を開けたり、なぞなぞ解いたり、大人も子供も楽しめる
冒険ファンタジー。サプライズのプレゼントも隠されてて思わずビックリ!
今回お子さんも何名か客席にいて、お話の難しいところはあったかもしれないけどとても楽しめ
たんじゃないかな。キッズはいじって貰えてたしw
未唯さんが海賊と寺山修司の二役なのだけれど、これがめっちゃダンディでカッコイイ。
寺山さんの詩や短歌も沢山使われていて、改めて彼の言葉を噛み締めた。
子供達にはまだ理解出来なかったかもしれないけど、きっと記憶の片隅にあの言葉達は残るから
何かしらの影響を及ぼすのではないかと思う。
いつかその意味を知り自分のものにして欲しい。

今回私は黒色すみれのお二人目当てに行ったところが大きいのだけれど、もうほんとに可愛くて
キラキラと眩しくて歌も演奏も素敵すぎた!
終演後にCDを買ってサインして貰い、かなりのハイテンションに↑↑ww
写真も撮らせて頂いたのだけれど無念のピンぼけ!バカバカ!!(泣)



蘭妖子さんの痺れるハスキーヴォイスと存在感、元月蝕歌劇団の森永理科さんのチャーミングな殺し屋、
サヘル・ローズさんの色っぽい見事な酒場女、有栖川ソワレさんの可愛すぎる小悪魔ネコ海賊。

誰の心の中にもある宝島。童心に帰り心が暖まったそんな一時だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇想の少女 或いは少年

2014-02-02 | 絵画・写真等
スパンアートギャラリーにて開催されていた「奇想の少女 或いは少年」展。

スパンならではのまたもや豪華な顔ぶれの作品がずらっと並ぶ。
宇野亜喜良、甲秀樹、トレヴァー・ブラウン、花輪和一、丸尾末広、山本タカト等々・・。

トレヴァーは5点ぐらいあったけれど、やはり人気でほとんどが売却済だった。
小さめの作品ならいつかは手が出せるかも。欲しいなぁ。
一番好きなのは宇野亜喜良さんのこの画像の作品。
寺山さんの表情と少女の眼差し、間の髑髏が何とも言えない。
これぜひTシャツとか何かグッズにして貰いたい。あったら絶対買う!w

「少年少女の持つ永続性。永遠とは無限であるということでもある。
それは或る意味、異端であり、幻想であるということが言えるだろう。
しかるに奇想の少女、少年とは、生と死そのものであり、もしくは性と屍でもある。

少年少女の中に存在する、永遠の美しさ。

それは永遠の無でもあるのかもしれない。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加