月想記

戯言日記

まさかの扉・2・その2

2017-05-20 | 音楽
あみ太さんたちのステージに感動しつつその余韻に浸る間もなく、いよいよデ・オッシの登場。
4月のまさかの扉から1ヶ月余り、2回目をそりゃあ心待ちにしてたよ。
デ・オッシの演奏を毎月東京で観られる幸せを噛み締めながらのライブ。始まりはナマスナマステから軽快に。







西を目指しての喜多さんの三味線がすごく好きなんだけど、そこからの弾指刹那、狐狸の葬列、ゆきずりの
三味線曲の流れはもう心臓鷲掴みな感じだった。よく三味線の音だけ拾って聴いたりしてたのが、今日生で
いっぱい聴けて本当に嬉しかった。胸が苦しいぐらい。







その後は微塵もない、ムクロジ、輪廻の郷・・・と続く。今回曲と曲の繋ぎというか前奏が新たなアレンジで、
最初この曲何だろう?新曲?って思って聴いてるとお馴染みのナンバーに続くという。
もうめちゃめちゃカッコ良かった。

とる子さんの演奏はいつもとってもあったかい。優しくて包んでくれるような音。喜多さんととる子さんの
声のハーモニーがすごく好き。お二人揃ってのデ・オッシであって、唯一無二。他の誰かとじゃなくてこの
二人じゃなきゃダメなんだ。





ラストのコラボはハヴァナギラ。最近コラボの定番となりつつあるような(笑)それぞれの楽器の見せ場もあって、
この曲は大好きなんだけど。去年のリクエストライブではリクエストして聴けなかったけど、その後よくあみ太
さんが歌ってくれているので嬉しい。







ハヴァナギラでの喜多さんのギターソロ中に忍び寄るあみ太さん。喜多さん後ろ〜!(笑)
とる子さんのアコーディオンソロでは怪しく踊り続けていた(笑)









アンコールはアラバマ・ソング。あみ太さんは客席のお客様に絡みつついつもの最終形態へ(笑)
この夜も美しかった。お写真撮れなかったけど、喜多さんにすごくお尻をアピールしてた(笑)









お約束の集合写真は2階席、3階席、アリーナ席にも向けて(笑)







余りにも楽しみすぎたイベントなので、終わっちゃったのが本当に寂しくて。またぜひこのツーマンはやって欲しいよ。
今度こそ大阪でもどこでも行くよ。雲州堂で歌うあみ太さんも観てみたい。
終演後はそれぞれのメンバーとお話して、いつもの常連さんともご飯食べていっぱい話して、とにかく楽しく幸せな
ひと時だった。時間を巻き戻してあの空間に戻りたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかの扉・2・その1 | トップ | 出張シャンソニエin横浜中華街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。