月想記

戯言日記

まさかの扉・3

2017-06-18 | 音楽
6月17日(土)HEAVEN青山のデ・オッシのまさかの扉#3へ。

今回のゲストは影絵師SAKURAさん。喜多さんも大好きな藤城清治さんの元で修行されたという方で、
このコラボは本当に楽しみで仕方がなかった。
余りにも美しくて切ない白昼夢。まだ夢から抜けきれない・・・。
影絵の繊細で幻想的な世界にデ・オッシの音が心地良く絡み、その美しさは想像を軽く上回った。
あの瞬間に居られて幸せ。異空間への扉が確かにそこには開かれていたよ。

写真を撮れない程にただ見つめてしまったSAKURAさんの影絵。その細やかな動きと美しさ。
私の好きな寺山さんの四つの愛の物語からの「ギターとキノミ」には心のさざ波も最大級。
少年の名はギター。少女の名はキノミ。デ・オッシのお二人の姿を重ね合わせて見てしまった。
(キスシーンあったけどw)
さようならを閉じ込める記憶の箱の中で、二人の物語はまだ続いているのだろうか。

この影絵の時にデ・オッシが演奏していた曲。これまでにも曲と曲の間に何度か少しだけ登場していた
ものだと思うんだけど、これがすごく哀愁があって切ない響きで。
タイトルとかその他全然わからなくてモヤモヤするんだけど、思い出すと胸が締め付けられる。









アンコールでは蓮華草の少女の影絵を。これがまた本当に素晴らしくて、このコラボまたぜひやって
いただきたいと切に願う。いつものデオッシライブとはまた一味も二味も違う空間だった。
これを観られなかった方は確実に損していると思う!

今回影絵を見に来た小さいお子さんもいて「決めた」での微笑ましいやりとりもあり。
この曲でのとる子さんの笑顔は本当に最高。喜多さんのギターと三味線の音色に本日も痺れて、完全に心持って
行かれたよ。観る度にもっと好きになってしまう。なんなの、もう(笑)









まだちょっと放心状態な程に、素晴らしいライブだったのでした。

記憶にある限り、今回のセトリ。
・一部
SAKURAさんの影絵。(伴奏デ・オッシ)

ナマスナマステ
いそがし
永遠の妄想
陽が落ちたら
弾指刹那
惜別の歌

・二部
SAKURAさんの影絵。(寺山修司四つの愛の物語からの「ギターとキノミ」)

ゆきずり
狐狸の葬列
秘密
金色
決めた
ムクロジ
輪廻の郷

・アンコール 
蓮華草の少女
夜明け前の譚詩曲
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節さきどり!入梅シャンソン | トップ | 舞い踊る麗しのキツネ達と露... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。