月想記

戯言日記

舞い踊る麗しのキツネ達と露西亜からやって来た地獄コロポックルのクンネ

2017-06-18 | 音楽
6月17日(土)の夜は、自由が丘マルディグラのトワトワト×出張シャンソニエ倫巴里ツーマン
「舞い踊る麗しのキツネ達と露西亜からやって来た地獄コロポックルのクンネ」へ。
天国から地獄をはしごの魅惑の時間(笑)









トワトワトとはアイヌ語で「キツネの足音」という意味なんだそうですが、小柄で可愛らしい印象の
お二人が演奏が始まるとダイナミックで力強くて迫力満点。
柴田さんのキレキレのバイオリンと熊坂さんの「おどるつこ」格好良くてまたぜひ観たいと思った。
(集合写真のお姿しかないのですが。)
アイヌっぽい雰囲気の曲という事で、全然アイヌじゃないんだけれどもコロポックルと夕焼けの木を
やってくれて久々に聴けて嬉しかったよ〜。この曲大好き。







今回まさかの3回ヴァージョンの葬式のタンゴが聴けて俺得的な展開や、小学生の時の北海道キャンプ(強制)
の思い出話など、色々とドキドキがとまぬ展開だった(笑)
そして踊れ馬鹿のようにの11拍子がまだちゃんと叩けない勉強不足の私。コパニッツァ難しい。。。







この夜のセトリは影のワルツ、歌う鐘の弧の下で、コロポックルと夕焼けの木、踊れ馬鹿のように、ロンピ・ロンピ
TIHS IS NEW、我が死へのバラード。
アンコールで恋のロシアンキャフェとハヴァナギラ。

我が死へのバラードでのあみ太さん。




どこまでも発達していくあみ太さんの胸筋。今宵はエンゼル体操を披露(笑)






今宵の麗しの麻矢さん。以前に麻矢さんからアコーディオンはその楽器そのものの個体によっても演者によっても
音色が大きく違ってくるものと聴いていたのだけれど、今日は1日に3名のアコーディオンを聴いてそれが少し
わかったような気がした。麻矢さんの音色はすぐにわかるよ〜!





ラストのセッション時でのあみ太さん。








昼も夜も余りにも魅惑的で楽しかった一日。今回もなんとも幸せな週末だった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかの扉・3 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。