月想記

戯言日記

ダリ展

2016-10-10 | 絵画・写真等
国立新美術館のダリ展へ。

平日の午後だったので比較的空いていたけれど、それでも次の絵を観るには少し並んで
待たないと移動出来ないぐらいには人が。土日とかまともに観られるのかな?
そしてすごい強冷房なので館内めっちゃ寒いです。(ストールの貸し出しあり。)

ダリの作品ってそのタイトルもなかなか気になるけれど、今日私が一番印象に残ったのは
「皿のない二つの目玉焼きを背に乗せ、ポルトガルパンのかけらを犯そうとしている平凡な
フランスパン」・・ですw
あと「頭が爆発するドン・キホーテ」。(スキャナーズだ!と思ったw)
どちらも絵柄もタイトルまんまですごいww

初期から晩年まで8つの章に分かれた構成。
私はつい変なものばかり印象に残っちゃうけど、有名な名作も沢山あります!w
ポルト・リガトの聖母とかテトゥアンの大会戦とか。大作には圧倒される。
舞台美術や衣装のスケッチも私は好き。ダリの手がけた舞台って観てみたかったなぁ。

ブニュエルのアンダルシアの犬の上映もあって、すごく久しぶりに観た。
相変わらず良くわからないけど、でも好き・・w
例のカミソリのシーンでお隣のご婦人が「うわっ!」と声に出して叫んでおられたw 
女性が車にはねられる場面で宇多田ヒカルのBe My LastのPVを思い出したんだけど、
あれってこの映画へのオマージュだったのか??

初めて観たアニメーション作品のデスティーノ。ディズニーとダリってすごい組み合わせ!
一緒にやってたって知らなかった。
でも全編にダリらしさが溢れる作品で、これはすごく良かった。

ダリの宝石コーナーも少しあって、これは随分昔に宝石展としてやった時に観に行ってる
んだけど、絵のモチーフそのままのが宝石になっててすごく好き。
もっと沢山観たかったから、また宝石展としてやってくれないかなぁ。

唯一写真撮影がOKなコーナー「メイ・ウェストの部屋」。
後ろがすごい並んでたので焦ってうまく写真撮れなかったけど、会場入った時に横からこの
部屋が見えてて、一番最後にここへ入れる仕組み。ちょっとテンション上がります。





グッズコーナーでは色々買いたくなるのをこらえ(今月諸々の出費が嵩んで金欠なのです)
それでもポストカードだけ少しゲット。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綺想曲 | トップ | アミタンゴ~超訳タンゴ物狂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵画・写真等」カテゴリの最新記事