なりゆきまかせ 介護その後 抜け殻暇人の日記帳

おふくろは要介護3だった。
兄の看護介護、母の介護、2015年8月10日に全て終わった。

睡眠時無呼吸症候群の一泊入院検査-行ってきた。

2017年06月17日 21時43分11秒 | 経済
昨日おととい、15日、16日と睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてきた。

自宅での簡易検査が軽度と中等度の境目近くのAHI15.8.
まあ~15超えてるから中等度やな。

15日の13時に病院に入り、諸々の説明受けて、手続して、二人部屋に入った。
まずは血圧測定などをしてもらった。
それが、実習生の練習台だった。
実習生は、なんと高校生でびっくり。
向こうは、我が面を見て、びっくりしとった。

『あ~遠慮せんと、気の済むまで何回もやってもええよ~』と、私は愛想を作った。
すると、なぜか、数回やり直してた。

16時半、検査の準備。
体中が配線だらけ、胸の前に検査機器。
テーピングに加えて頭には網状の固定キャップを被せられた。
さっこれで準備OK。

18時夕食。
すでに、検査測定は始まってる。

夜なかなか寝付けなかった。
なぜか
二人部屋の隣の人がカーテン越しに不気味な動きを夜遅くまでする。
あ~俺も年を取ったら、あんな風になるんやろ~なと思い、ひたすら耐えた。
しかし、寝れてないと思ってたけど、間隙を縫って寝てたようだ。

翌朝、すごい疲れが残ったけど、済んだので良しとした。

検査測定器などを外して、朝食を済ませた。
9時過ぎ、医療費などを清算して帰途についた。

熟睡できなかった疲れが残ったけど、総じて居心地はよかった。
食事が美味かった。
昔と全然違うね。

気になる費用は
30,770円だった。
3割負担、二人部屋の差額ベットの料金1000円x2日分で2000円、食費数百円を含めてやね。
あと、病衣、バスタオル、タオルなどのセット品が1日380円が2日分、こちらは後日の支払い。

30,770円
この金額を聞いたときは、一瞬、言葉を失った。
頭真っ白のコンコンチキやで。

クレジットカードで清算した。

検査結果は2週間後ぐらい。
その結果の今後をアレコレ考えると・・・。
戦々恐々としてる。

まっ、なんとかなるっしょ。

楽しみやで。

と、空元気、空元気。

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 睡眠時無呼吸症候群の一泊検... | トップ | 医療費負担が重たい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。