「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 第10話 観ました

2010-03-09 02:30:21 | アニメ
カナタが砦に来てから半年。
季節はもう晩秋。
焚き火と焼き芋が恋しい季節。

ここへ来てようやく敵対国が明らかになった。
敵対国は神聖ローマ。
そして、そのローマ軍に動きがあったそうです。
それはリオが判断を先延ばしにしていることと関連があるのだろうか?
ちょっと気になります。
それにローマの王様にはすでに御后様が二人いて、それでもまだ嫁が欲しいって流石にそれは…。でも、時代的にはどうなんだろう?そういうのがアリな世界なのか、それとも現代的にダメなのか?まぁ、クレハちゃんの反応をみればダメっぽいのは判りますけどね。

その話と同時進行で、セージの町から山に分け入ったところに一人で住んでいる
ジャコットばあさん、マダムの話が進行していた。
このマダム。冬支度が出来ていないのに山で冬を越すと言う。
町に下りるよう説得できる状態ではないので、出来る限りの支援をすることになった。
その時、マダムがリオにした話とは…
帰ってこない人を待つ人の気持ち。
その話をリオたちにした晩、雪が降った。
そしてその晩、マダムは自分の想い出の中へ旅立った。
あたかもそれが彼女の役目であるかのように。
役目を終えた者がする自然なことのように…夜の雪原に…
その役目とは、何か迷っているリオの背中を押すこと。
もともと、最期の時が迫っていたマダムは出掛けるきっかけが欲しかっただけなのかも知れない。そんなマダムの気持ちを代弁してみんなに教えてくれたのは雑貨屋のナオミさん。
なんでもマダムは都会の大商人の若旦那との間に私生児を産んでしまい、息子は若旦那が引き取ってしまったと言う。その息子が帰ってくるのを待っていたと言うのだが、息子よりもその若旦那本人をずっと待っていたのですよね。

ちなみにそんなマダムの境遇が一番判ってしまったのが何を隠そうリオ。
なぜなら彼女自身が王様の隠し子、私生児だったから。
彼女の子供の頃が粗末な家の想い出しかなかったのか、姉が姫殿下なのにの何故と考えれば、かなりおかしい話。
でも、それが私生児だったとすればそれは無理からぬこと。
そして、この世界ではそういう子供も、そういう状況で子供を産む女性も少なくは無いという事。これはかなり艶かしい事ですが、そういうことなのでしょう。
でも、その子供たちがその状況にどう適応するのか、それは本人自身の問題。
そして今回、リオはその問題に正面から向き合って答えを出すことにした。
その結果が父親からの要請を受けること。
それで、リオは小隊から離れることになった。
ちょうど、リオの任務をカナタが概ね受け取れたときになってちょうど良かったですね。
もしかすると、カナタの配属はそこいら辺を睨んでの軍上層部の判断があったのかもです。そしてその思惑は、フェリシアさんも、リオもなんとなく理解していた節がありますよね。一つ、その上層部の思惑違いがあったとするなら、カナタの憧れのトランペット吹きが皇女殿下だったこと。
今回、ようやく、その憧れが同一だったことが判り、引継ぎも上手くいったように思えました。

それにしても、フェリシアさんってば、アレでいて色々と禁則事項を抱えて上手く立ち回りをしていたのですね。カナタやクレハに知られるといけない事項をたくさん抱えてさぞや苦労をしていた事でしょう。それをハラグロ癒し系などと言ったのがいるなんて…

それはさて置き、
なにやらタケミカズチの脚が修理されつつあるようです。
これで操縦士たるノエルもニヤニヤが止まらない様子。
嬉しそうでした。
まさか、これが実戦起動する事態が展開する訳は…無いと信じたいですが…

と言う訳で・・・この話の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々の記事を参照にして下さいませ。

主題歌 光の旋律 kalafina
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『とある科学の電磁砲』 第22... | トップ | 『おまもりひまり』 第10話 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みゅーびー)
2010-03-09 05:26:46
いやあ、情けないところをお見せしてしまいましてスミマセンでした。
そして、ご指摘ありがとうございます。

自分もまだまだみたいですね。
これからもがんばっていきますので、またおかしなところがあったらご教授ください。

では。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第10話 『旅立チ、初雪の頃』感想 (TAHITI80の○○○○ってレベルじゃねーぞ(^0^o)人(^-^o)/)
アノ人の思い出をカナタに語るリオ自分の母と老婆の境遇を重ねて世話を焼くリオ母は来ない父を待ち続け死んでいった。でもリオにはアノ人、イリア皇女との一時が彼女に希望を与えていた。イリアを介して出遭ったカナタだからこそ自分の気持ちに区切りを付けトランペットを...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 (ゆる本 blog)
アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第10話。 手紙を燃やす梨旺、そこに届くタケミカヅチの大きなパーツ。 カナタが時告げ砦にやってきて半年が...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」  (アニメは日本の文化遺産)
ついにリオ離脱… 古文の世界では冬は死の季節といわれていますが、セーズでもそれは当てはまるのでしょう。 暖房器具のレベルからして...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #10 (桜詩〜SAKURAUTA〜)
【旅立チ・初雪ノ頃】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:金元寿子販売元:アニプレックス発売日:2010-04-21クチコミを見る 思い出があるから人は生きて行けるんですね! 
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 旅立チ・初雪ノ頃 (おく☆ぶか)
比較的急展開!! またまた禁書キャラ大集結!?ww
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第10話 旅立チ・初雪ノ頃手紙を燃やすリオ前回届いた手紙かな?一方タケミカヅチも部品が見つかりかなり修復されているようですねカナタが来てから半...
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第10話 (日々“是”精進!)
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1 【初回生産限定】第十話「旅立チ・初雪ノ頃」軍事年鑑のあるページを開き、どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていた。自分のすべきこと、自分にできることとは一体なんなのか・・・。そんなリオを心配するカナタだったが、うまく言葉....
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #10「旅立チ・初雪ノ頃」感想 (サブカルなんて言わせない!)
物語は急速に進んでいく・・・物憂げなリオを何とかしたいカナタ一人の老婆の頼みごとを聞くことに。自分と似た境遇を持つ老婆との出来事を通じて大きく展開していくローマ軍が進行を開始してから何か吹っ切れたようになるリオカナタと散歩に出ようと切り返す。このシーン...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (ひえんきゃく)
軍事年鑑のあるページを開き、どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、 ずっと悩み続けていました。 自分のすべきこと、自分にできることとは一体...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 感想 (荒野の出来事)
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト  第10話 『旅立チ・初雪ノ頃』 感想  次のページへ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (ソラノヲト) 10話「旅立チ・初雪ノ頃」 レビュー キャプ (ゴマーズ GOMARZ)
カナタの喇叭の腕前も上達した頃・・ 辺りはめっきり冬の様子。前回、リオに届いたテガミを庭のたき火で 燃やすリオ。くすぶるたき火の炎のように、リオの心の中でも 何かがくすぶり続けていた。   遠くで、カナタの喇叭の音を聴く人の中には、普段は山に住む老婆・ジ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (空色きゃんでぃ)
和平交渉はこう着状態の中、東部国境のローマ軍が移動を開始! 敵はローマ!? このままでは、また戦争になってしまうかも・・・?(゚д゚;)...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (wendyの旅路)
点から線へ―
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」  (SERA@らくblog 3.0)
焼き芋も美味しい季節となり、カナタが砦に来てからも半年です。 カナタのラッパも耳栓なしで聴けるようなりました(笑) カナタはイリア...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 (アニメを考えるブログ)
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト響け 高く悲しみを越えて    いやあ、今までで一番力強い回だったと思いますよ。  思わず感想を書きながら、O...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (アニメレビューCrossChannel.jp)
第1121小隊とセーズの街の人々が織り成す日常の物語の裏では戦争の影がチラついているようで、休戦協定は不調なままヘルベチアと争った正統ローマが国境付近の軍の移動を開始した。 拒んだところで運命は否応なくリオを巻き込みながら、彼女が新たに戦うべき場所へと連れ...
(感想)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (aniパンダの部屋)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 【キャスト】  ・カナタ   金元寿子     ・ナオミ   八十川真由野  ・リ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (Little Colors)
 ずっと悩み続けてたリオがついに決断しました。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (ミナモノカガミ)
決断の時。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」  (地図曹長道中記)
いつまでも…私の胸の中で響き続ける…とっても…とっても素敵なソラノヲトを残して。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 (刹那的虹色世界)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 『旅立チ・初雪ノ頃』 ≪あらすじ≫ カナタがセーズに来て半年。 リオは、この街を、部隊を、仲間たちから離...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (Spare Time)
『軍事年鑑のあるページを開き、 どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていました。 自分のすべきこと、自分にできることとは一体...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (ツンデレビュー)
リオ先輩とお別れ。さようならを言うつもりはない。例えどんなに遠く離れていても・・・。 音は響くっ。音は響いてっ。そしてっ、伝わる・・...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (明善的な見方)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1121小隊フタ付マグカップ これまで父親に反発したり、前回は取り乱したりなど何かありそうなリオでしたが、 今回でつい...
アニメ感想 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」  (アニメ壁紙ポケット)
--アニメ感想-- ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 超展開過ぎて…あれ、画面がぼやけるぞ…
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」10話 旅立チ・初雪ノ頃 (蒼碧白闇)
マダムはどこへ行ったのか…。足跡のその先にマダムは倒れてるのかと思ってたらそうではなくて足跡のみ残してマダムの姿はなかった。おそら...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
季節はもうすぐ冬----------------。燃やしたいものがあると、たき火をするリオ。手紙を焼くついでに、焼き芋を作ったようです(^^)今日もタケミカヅチを修理するノエル。かなり形が見えてきたようで「しあわせ♪」って(^^)一方、カナタはどうにも「イリヤ皇女殿下...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (妄想詩人の手記)
人が生きてゆくということは、こんなにも つらくて、切なくて。。。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 『旅立チ・初雪ノ頃』 感想 (メルクマール)
「ゴールにたどり着いたと思ったが、単なる行き止まりだと気づいた」という台詞は深いな。ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 『旅立チ・初雪ノ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト〜第10話 感想「旅立チ・初雪ノ頃」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、リオ先輩は焼き芋と一緒に手紙を燃やし一人悩んでいます。部屋の前でカナタがブツブツと何か喋っているので、仕方なく一緒におばあさんの所に行くことにします。このおばあさんは冬の山小屋で家族を待っているわけですが、一人で冬を越せそうも...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(ソラノヲト) 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (サボテンロボット)
★★★★★★☆☆☆☆(6.5) リオがセーズの砦を去る話。 悲しい別れではなく旅立ちなのがポイントなのでしょうね。 カナタがリオを見送...
「ソラノヲト」 第10話『旅立チ・初雪ノ頃』 (おきらく委員会 埼玉支部)
 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 軍事年鑑のあるページを開き、 どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていました。 自分のすべき...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 (ニコパクブログ7号館)
第10話『旅立チ・初雪ノ頃』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・イリアの話?
[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
愛情×友情、そして、幸せの定義。親切を奏でよう。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 『旅立チ・初雪ノ頃』(感想) (アニメ-スキ日記)
旅立っちゃうの(´;ω;`)ウッ… 「音は響く。音は響いて、そして伝わる・・・か
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (♪風の〜吹くまま〜気の向くまま〜♪)
カナタが砦にやって来て半年経過。 ラッパの腕も上達しました。 山奥に住む1人の老婆。 マダムはたった1人で家を作っています。 弱ってるのに凄いよね。 そんなマダムも遂に墜つ!! 人生ってのは失うことの繰り返し でも失うにはまず得なきゃならない その時得...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 10話『旅立チ・初雪ノ頃』 (本隆侍照久の館)
焚き火。 焼き芋がおいしそうだ。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (破滅の闇日記)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る 遠まわしに説明していったものですから、ボーッとし...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 (のらりんクロッキー)
今回のサブタイでリオが小隊を去ることになるのは読めてたけど、 「去る決意」をして終わるんだと思ってたので、ほんとにいなくなっちゃうとは予想外。 冬の時期の話は結構シビアだったりするので最終話まではシリアスな話が続くかも。 最終話は再び春がきて…リオが隊...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第10話 (新・たこの感想文)
「旅立チ・初雪ノ頃」 カナタが砦へ来て半年。タケミカヅチの部品も大分揃ってきた。そんな中、カナタは、イリア皇女殿下について知りたい...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 (黄昏温泉旅館)
思わせぶりなサブタイに定評のある「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」ならば、今回も実はバカ話でしたという 素敵なオチになるのではと思ったんです...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」の感想。  (いーじすの前途洋洋。)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 評価: ── 優しすぎて、そのせいで命を落とした 脚本 吉野弘幸 ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 旅立チ・初雪ノ頃 (猫が唸る感想日記)
リオの母さんとばぁちゃんの生き方。う〜む・・・思い出と約束に希望を見出す生き方は今の私では分からないなぁ。リオと同じようにね。私なら新しい生き方を見付けるなり、会いに行くなりするだろうから。あの落ち着きと達観はもっと年を重ねないと実感できない重み...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (ゆりかもめかんブログ)
「いいじゃないですか、迷っても、行き止まりでも。だからわたしは…リオ先輩に会えたんです!」 出会いと別れ、そしてそれぞれの絆をつな...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十話「旅立チ・初雪ノ頃」  (ひそかにささやかにアニメを応援している日記)
- 言葉ではなく、音を交わす - リオとカナタにふさわしい別れのシーンだと感じました。 そして、カナタはリオから喇叭を 「うけつぎ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 感想 (マナヅルさん家)
いいじゃないか、迷ってもっ…! 行き止まりでも上等よっ…!
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 10話レビュー (Kazu'Sの戯言Blog(新館))
リオの事情というのは最初からずっと伏線として処理されてきました。そのネタに入ってくるとどうしてもシリアス度が強くなってしまっていつ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十話「旅立チ・初雪ノ頃」 (ボヘミアンな京都住まい)
あっという間に第10話、話数が2桁に到達しましたね。気に入ってるアニメで終わりが近くなると、どういう結末になるかを待ちわびるとともに終わることへの淋しさも感じたりします。 さて、季節は秋も終わり冬を迎える頃かしら?カナタが赴任してきて半年。楽器もけっこう...