「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『リトルバスターズ!~Refrain~』 第11話 観ました

2013-12-15 02:31:43 | アニメ
どうやら男どもはそもそものはじめの恭介を含め皆、逝ってしまったようですが、まだ次回、小毬ちゃんが本当の最後まで付き合ってくれる模様な予告でした。てっきり、一話分、理樹と鈴のアフターストーリーをやってくれるのかと思っていただけにビックリなのと同時にサプライズでもあります。

それも小毬ちゃんがrefrain最終ターンに入ってから出番がほとんど無かったからなのですが…これは次回に彼女がどういう役目を果たすのか非常に気になってしまう展開なのです。

次回の話しはともかく…この流れでは、原作ゲーム完全プレイ組のみんながどわぁぁぁぁぁぁぁとなったと言うのは無理もないなと。理樹が恭介に言ったもっと一緒に居たいよ。に対して、それは俺の台詞だ。俺の方がもっと一緒に居たいんだ。ある種、腐った台詞っぽいのにそういうふうには聴こえないのがまた凄いんですよね。それに、謙悟の俺はもっと理樹達と遊んで居たかったんだ、も。ただ、彼の場合、最終ターンに入ってから何度もそれを口にしているのでそれほど衝撃は無かったのですが、世界の秘密を知って、残された時間があとわずかであることを知った、理樹と恭介がお互いに言い合って居るのにはもう、涙が止まらない訳で…
また、理樹と鈴が事故で死なないように真人と謙悟が守ってそのせいで…って言うのは、ああと納得しちゃいました。単に運良く助かってなんてことじゃないだろうことは推測出来ましたからね。それに彼らなら、自分に出来ることをしただけなんでしょう。もし、本当に超人的なことが出来るのであれば、理樹と鈴だけじゃなくて自分たちも生き残れるようにしたでしょうし、もっと余裕があったならば、みんなを助けたでしょう。でも、彼らには理樹と鈴を救うことしか出来なかった。いや、これは言い方が良くないです。彼らには理樹と鈴だけなら救うことが出来た。ならば、迷わず彼らは二人を庇った。そういうことなのでしょう。
と、なると残る謎は、本来同行してなかった筈の恭介が一緒のバスに居た理由…。でも、これは原作未プレイ者の感想ブログにコピペで答えを書きまくっていた方が複数いたので解りました。まぁあの恭介ならそれくらいしてもおかしく無いですね。あ、そうそう、それで残った謎は、女子寮の寮長を担当していたあーちゃん先輩は何故、あの世界に居たのか?くらいですね。

ただ気になるのは鈴はまだ世界の秘密に気がついているのかいないのか…
彼女の性格からして、世界の秘密に気がついていてそれを知らないフリをしていることなどできそうに無いから、次回、そのことに気がついて、どうなるのかが気になるのです。
なので次回、最終回なのですがそこで鈴ちゃんと小毬ちゃんがどんなふうに動くのかが非常に気になるのでした。

そんなこんなでこのお話の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々の記事を参照にしてくださいませ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『<物語>シリーズ 第2シ... | トップ | 『<物語>シリーズ 第2シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想 (ひえんきゃく)
緑川さんの熱演が素晴らしかったですね! 流石は声優、声のプロ! 真人と謙吾との別れのシーンも素晴らしかったです。 恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、 喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切ってい...
リトバス Rf 第11話「世界の終わり」 (Old Dancer's BLOG)
 今週のまとめ:  とーっととー走ーぃーってー、ゆけー。  …というOPの歌詞が、そして、真っ白な背景の中に一人残る恭介の姿が、ようやくここで全てお目見えしましたね。泣きながら駆けていく理樹、消えていく世界、そういったモチーフも、そのものズバ...
リトルバスターズ!~Refrain~第11話 (二次元世界を追い駆ける日々)
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/12/21/191201 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている...