「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『おまもりひまり』 第8話 観ました

2010-02-25 02:33:00 | アニメ
とりあえず、力を使い果たして寝ている緋鞠は別として…
凛子、シズクの内情暴露から始まりました。
特に、凛子さんの場合、彼女なりの存在意義を自覚したようです。
確かに、優人くんの求めるものは何気ない日常。
そして彼の周りにいる女の子で普通の日常を彼に与えられるのは彼女だけ。


クエスの銃はスチェキン。ソ連の拳銃型機関短銃。
まぁ、それをフルオートで連射しなかっただけまだめっけもんかも。
それにしても空薬莢の始末とは言え、発射弾数を確認しないといけないのは日本法務機関の悲しさですね。暴走女王様の後始末も大変ですね。本人曰く、独逸で山を一つ吹っ飛ばした時よりは楽じゃないと言われても楽な気がしないところがまた…

それはそうと、緋鞠はクエスに撃ち込まれた魔術弾頭の影響を抜くために秘伝の丸薬、実はマタタビ成分。それを摂取した緋鞠は即効で完全猫化、と言っても、人型ネコミミ形態で猫暴走してしまいペロペロいちゃいちゃじゃれついて凄いことに。それを見てシズクはかなり複雑な心境になったようで…
はたして自分が傷ついた時、優人は…と言う疑問。
シズクの答えは推定、否。
この推定はシズクの判断にどんな影響をもたらすのか?

一方、優人はクエスの元に行き直接交渉に。
そこで決定的亀裂発生、クエスがダガーナイフで優人を切り刻む!?!
すわ、クエス様ヤンデレ化!!!
と、思ったら別にそれはヤンデレって訳ではなくて優人の封印された記憶を呼び戻すための方策だったらしい。それにしてはヤケに本気の怨念が篭っていたようですけど、クエス曰く、本気で殺す気になってかからないと天川の潜在能力が発揮されないからだと言う。
それに、その力が発揮され、窓の外に吹っ飛ばされたクエスを救おうとしたことは嬉しかったと言う。
その上、昔、二人でした約束をちゃんと思い出してくれたのだから、野井原の白猫のことは保留しておくとまで言ってみせる。
これは、クエス様にしては最大限の譲歩と言うより、デレた結果ですね。
ちなみに、優人がクエスにした約束とは二人で鬼斬り役をしようとか、魔術攻撃をするクエスの背中を守ってあげる、なんだとか。
それは…クエス様がデレるのも無理はない。
おまけにそれを忘れていたのが、天川のじいさんが施したお守りの副作用で記憶が封印されていたからだと言う止むを得ない合理的理由があったから、その約束を思い出していなくてもキレないで我慢していたわけですね。
ある意味、自分の欲求を通すことに慣らされたお嬢様と言うか女王様的なクエス様が優人に対して譲歩していた理由と言うのは、自分の背中を守ってあげると言う、優人との幼い約束のためだったのですね。
神宮寺家同様に鬼斬り役12家から異端視されていた天川家の一人息子との許婚の約束よりも自分の背中をを守ると言う約束をしてくれたことと言うのがクエスにとってどんなに大きな出来事だったのか、推測してみると良いかも知れないです。
そりゃ家としての命令よりも、自分の恋愛的感情を優先するのも無理はないと…

そのことをようやく思い出した優人とデレまくっていたときに、緋鞠登場!
ツンデレクエスを観て、笑う緋鞠に一触即発的状況になっていましたけど…
緋鞠の新しい得物の取り出し方をみて戦意喪失…
緋鞠がつれてきた新キャラの文(アヤ)の出し方といきたら…、お腹のものを出すのに上から粘液ごと出されてはね…
さすが的良キャラです。

的良的表現と言えば、クエス様が巨大化したときの赤黒点目だとか、意表を突かれた時の点目三頭身キャラなどは典型的的良みらん氏的表現です。今回はそれがたくさん見られただけとっても嬉しいです。
点目表現自体はよく有るかも知れませんが、的良さんのそれはキャラの輪郭に特徴が有るのでそれを再現してくれていたので嬉しかったですおうよ。
あと、ついつい気になって富士見書房のおまもりひまりHPを観てみたのですが…鬼斬り役12家と言っても全部現存している訳ではなくて、いくつかは衰退していたり絶滅している家もあるのですね。それと、ヒット出版で一冊単行本が出されている巫女さんの一族も鬼斬り役だったとは意外でした。ちなみにこのリンク先は原作コミック既読ならばネタバレしませんが、テレビ未放映分までシッカリ記載されているのでネタバレを嫌う方は飛ばないようご注意あれですの。

この作品の詳しいことは公式HPと、この記事にTBを送ってくれた方々のブログを参照してくださいね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 第... | トップ | 『化物語』 第拾四話 観ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おまもりひまり #8 (桜詩~SAKURAUTA~)
【Curiosity killed the cat】 おまもりひまり 6 DVD付き超限定版 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-2-2)著者:的良 みらん販売元:富士見書房発売日:2009-12おすすめ度:クチコミを見る 新たなヒロイン登場!? 
「おまもりひまり」第8話 (日々“是”精進!)
   第8話「Curiositykilledthecat」ついに緋鞠とくえすが激突。くえすが放つ魔法儀弾がかすった緋鞠は、その影響で妖の邪悪な本性を現わしそうになる。苦戦のすえ、倒れた緋鞠を介抱した後、優人はくえすに自分の考えを伝える。そんな優人に、くえすは彼が忘れてしま....
おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」 (nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!)
くっそ~~、面白いなぁ~~ 何しろ視聴者側が欲しい情報をしっかり提供する。 この安定感が素晴らしい。 今回も、 凛子、いらなくね? という外野の声を打ち消す凛子の自分に言い聞かせる 非日常に一番遠い自分がいなくてはならない。変わっては...
おまもりひまり 第8話 「Curiosity killed the cat」 (SERA@らくblog 3.0)
くえすとの戦いで傷ついた緋鞠。 優人は自分が守られてばっかりって…。 撃たれた魔力が残っているのを抑えるのに秘薬を使うが。 緋鞠が子...
隙を見てアニメ更新帳 (還山捫虱堂)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第8話 おまもりひまり #8ほか
おまもりひまり 第08話 「Curiosity killed the cat」 (ゆる本 blog)
かなり危ないやり手くえすの登場に混乱するアニメ「おまもりひまり」の第8話。 富士見書房の特設ページはこちら。 くえすとの戦いで刀も失...
おまもりひまり 第8話 「Curiosity killed the cat」 (地図曹長道中記)
優人の決断
おまもりひまり(木ようび) 第8話「Curiosity killed the cat」 (大丈夫、がんばらなくてもいいんだよ。)
神宮寺くえすの、ゆうちゃん(天河ゆうと)ラブアタック! ありえないツンデレ展開に、思わず吹いたw なの。 くえす:「勘違いしないで...
おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」 (White wing)
エッチなアングルが印象に残った8話でした。 優人は心配していた緋鞠の容態がよくなると自分の考えをくえすにはっきり伝えようとくえすの宿泊しているホテルへ。その間、元気になった緋鞠はくえすへのリベンジ満々。
おまもりひまり 第八話「Curiosity killed the cat」 (逝く鳥 放浪難民ブログ)
※ネタバレ注意 ついに緋鞠とくえすが激突。くえすが放つ魔法儀弾(まほうぎだん)がか
おまもりひまり 第8話 「Curiosity killed the cat」 (つれづれ)
 デレデレなくえすがかわいかったですね。ちょっと優人が格好いいところもあり面白かったです。
おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」 (のらりんクロッキー)
緋鞠ちゃんのぴんくおぱんちゅ強調しまくり(^_^;) シリアスになりそうでならないのがこの作品? バトルのダメージ回復に秘伝の丸薬を服用の緋鞠ちゃん。 マタタビ入りとは なぜえっちいモード全開(笑) 某作品で出番なかったぶん?あみっけ大熱演。 …付き合っち...
「おまもりひまり」 第8話 (HARIKYU の日記)
☆ 「おまもりひまり」 第8話  ☆   「優人」を想う「凛子」と「静水久」、「優人」にとってはハーレムですね。 しかし、この2人、今回は登場場面もほとんどなくて、何とも痛々しい。 「リズリット」に至っては登場場面皆無でした。(;_;) 3弱トリオは次回 .....
おまもりひまり 第8話 (ニコパクブログ7号館)
第8話『Curiosity killed the cat』おまもりひまり 限定版 第1巻 [DVD]今回は・・・ようやくくえすと話がついた?
おまもりひまり 第08話「Curiosity killed the cat」 (記憶のかけら*Next)
くえすの今は、優人のためだったのか
おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」 (アニメレビューCrossChannel.jp)
手負いの緋鞠のマタタビ入り丸薬での回復と、ヤンデレくえすの回。優人を斬りつけたくえすの行動に「誠死ね」と、つい反応してしまう。平川大輔の演技の印象から、どうしても伊藤誠が焼き付いている。 前回予告の通り、凛子と静水久は優人への想いを確かめただけで本編に...
おまもりひまり 第08話「Curiosity killed the cat」の感想。  (いーじすの前途洋洋。)
おまもりひまり 第08話 「Curiosity killed the cat」 評価: ── 優ちゃんは黙って私の背中を守ってくれれば良いんです 脚本 長...
「おまもりひまり」 第8話『Curiosity killed the cat』 (おきらく委員会 埼玉支部)
 第8話「Curiosity killed the cat」  「俺は守られてばっかだ・・・」  緋鞠の性格なら、クエス様と戦う事は、想像出来たのにと寝ている緋...
おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」 (萌えアニメで楽天生活)
緋鞠がくえすとの戦いに敗れて優人の家で倒れていたので優人がペットに寝かして介抱した所から始まったが、寝返りでパンツが見えて顔を赤く...
おまもりひまり第8話「Curiositykilledthecat」 (アニメ脳)
今週はくえすと優人が交わした鬼斬り役との約束の話だったけど、お守りで記憶を失っていたとはいえ優人が悪いと思いますよ、だけど今の優人はアヤカシ達を倒そうとしていないのでこれからどうするのか楽しみです。緋鞠の猫化は笑えましたよ、ちゃんとパンツも見えたしシズ...
おまもりひまり 第8話 『Curiosity Killed the cat』 (ゼロから)
落ち込む、九崎凛子。しかし、力がなくても優人に餌付けが出来る貴重な存在。まあ、静水久の方が腕前は上かも知れませんが永いこと餌付けしていたポイントは高いはず。