「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『たまゆら-hitotose-』 第4話 観ました

2011-10-26 02:37:12 | アニメ
季節の経過が早いですね。
ってことでもう夏休みなので。

黒髪ロングな口笛娘な麻音ちゃんの実家、大崎下島の御手洗にある旅館、のどか亭に遊びに行くお話。なお、今回のサブタイトル、『潮待ち島に聞こえる音、なので』とは、この御手洗の港が江戸時代、船の潮待ち、風待ちの港として賑わっていたのと、その街並みが今もよく残っているからなのだそうだ。
それと彼女たちが島に渡るために乗った高速船はしまなみ海運の竹原~大長航路のようです。このダイヤによると、御手洗に直接行ける便は朝方と夕方の2便だけのようです。とは言うものの今、見ているダイヤは10月からのダイヤなので夏はもう少し違うのかもしれませんが、御手洗に直接行こうとするとなかなか大変な様ですね。聖地巡礼を試みる方は下準備というか事前調査は抜かりなく行うようにしたほうがよさそうです。あと、宿はちゃんと現地にとって現地に迷惑をかけない。これは聖地巡礼の基本です、なので。

さてさて、麻音ちゃんって高校に通うために下宿で一人暮らしをしていたとは…
びっくりなのです。今までそんな話は無かったと思うのですが、これはHPを確認していなかった私のミス?
でも、瀬戸内の町ではよくあることのようです。流石に島から高校に通う訳にはいかなさそうですしね。それと、偶然というか、楓ちゃんと香くんのお祖父ちゃんも同じ島に在住しているとか、なにかゆかりがありそうな気配なのです。なので、楓ちゃんにしても、かおるちゃんにしてもナンカ見覚えがあるようなそんな感じの場所だったみたい。それにサプライズと言えば、香くんのお騒がせ同級生、こまちちゃんのお婆ちゃんも御手洗在住とかで島で遭遇してしまうというハプニングも。流石にそれは出来過ぎな気もしちゃいますけど、そのほうがお話が盛り上がって面白いし、楽しいか…。
それにしてもこまちちゃんとのりえちゃんは相性がとことん悪いですね。テンションが同じというか近いのがその相性の悪さの原因なのかも。それに、こまちちゃん、思い込みが激しいから…

それと、楓ちゃんのお祖父さん。やっぱり楓ちゃんぽくってあがり症みたいなので。
楓ちゃんのお父さんのお父さんらしいから、安心できるみたい。ずいぶん、久しぶりの出会いだったようだけど、お祖父さんは汐入の家にもそれなりに来ていたみたいだからそれほどでもなかったのかな?久しぶりにしてはずいぶんあっさりとしていた気がするけど、孫が友達、しかも姦しいお年頃の女の子を連れて遊びに来たとなるとお茶をごちそうしちゃう気になるのも無理は無いですね。たとえそれがお洒落なカフェじゃなくて、駄菓子屋テイストの特檸檬羊羹だったとしても張り切っちゃうのはね。無理も無いと思うので。

でも、今回のテーマはやっぱり楓ちゃんではなくて麻音ちゃんのことだから、楓ちゃんは麻音ちゃんの実家ののどか亭に泊まって、麻音ちゃんの両親と親睦を深めたのでした。まだ高校生の娘を一人で竹原にやるというのは両親としても寂しいだろうし心配もいろいろあるだろうけど、娘がちゃんと友達を作ってやっていられるのが確認できて嬉しかっただろうと思うのです。まして、この麻音ちゃんは口下手だから余計にそうだったんじゃないかと思うので。そんな感じでホッコリしたお話でした。

さてさて次回は…
汐入から楓ちゃんを訪ねてあの、涙もろいちひろちゃんが来るようです。

この番組の詳しいことは公式HPとこの記事にTBを送ってくれた方々の記事を参照にしてみてくださいね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とある立川の聖地巡礼 | トップ | 『WORKING’!!』 第5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (物理的領域の因果的閉包性)
麻音もいい子ですね。私も自営業の家に生まれたので、高校生のとき 「別にすることないから」 とか言って親の仕事を手伝ってましたね。 親の苦労をそばで見ていると 「何とかしてあげなきゃ」 みたい...
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想 (日刊アニログ)
自分にとっての大切なこととやりたいこと 夏休みに入り大崎下島にある実家の旅館に帰省した麻音。 楓のおじいちゃんも同じ所に住んでおり皆で遊びに行くことに。 そこで楓達は今まで見ることのなかった麻音の一面を見ることになるのだが…。 今まで詳しく語られるこ...
たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想  (かて日記-あにめな生活-)
たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想 たまゆらは画面から匂いが漂ってくる作品
たまゆら~hitotose~ 第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので (ゲーム漬け)
夏休みに突入し、麻音は実は一人暮らしだったようで、大崎下島の御手洗にある実家に帰省する事に。 瀬戸内海には島も多いですし、そうした島の出身者だと高校に通う為にこういう ...
[アニメ]たまゆら ~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
将来の夢が、今やりたいことで結ばれなくても大丈夫、なので。
たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」  (つれづれ)
 麻音回でした。アヘビアーン。
【たまゆら~hitotose~】4話 麻音の両親はあたるとラムちゃんなんだな (にわか屋)
たまゆら~hitotose~ #04 潮待ち島に聞こえる音、なので 468 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/24(月) 09:31:56.33 ID:n1Nommgn0 今週も面白かった~ めっち...
たまゆら~hitotose~ 4話 (アニメ徒然草)
ここが彼女の原点。 というわけで、 「たまゆら~hitotose~」4話 ピューと吹く!麻音の巻。 ついに来ました、我らが口笛さん回! この日をどれだけ待ちわびたことか。 いやまあ、一ヶ月も待って...
たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想 (wendyの旅路)
大切がいっぱい―
たまゆら~hitotose~ アニメワン(10/26)#04 (ぬる~くまったりと)
第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので 夏休みに入ったら、実家の島に帰る麻音。そこ
たまゆら TV版 第04話 感想 (荒野の出来事)
 たまゆら ~hitotose~  第04話 『それはあの日のこと、なので』 感想  次のページへ
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (のらりんすけっち)
今回もほわほわっといい話、なので♪ 夏休みということで夏編突入です。 春夏秋冬3話ずつやってく感じでしょうか。 麻音ちゃんお当番回。 前回ののりえちゃんもそうでしたが、回想でミニ麻音ちゃんも。 ...
たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (北十字星)
たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る 桜田麻音のターン。口笛を吹いているのは、話ベタだからなのね。 しかし、篠田こまちが現れて岡崎のりえと香...
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (SERA@らくblog)
夏休み♪ みんなで麻音の実家の大崎下島の旅館に行きます。 のどか亭って名前が人柄を感じますね。 麻音は口笛師のようなステージの仕事に憧れてるんですよね。 旅館を継ぐかで迷うところ。 ▼ たまゆら...
たまゆら~hitotose~ 第4話 (あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w)
「潮待ち島に聞こえる音、なので」 竹原に引っ越して初めての夏休み^^ 夏休みに麻音の実家の旅館へ行くことに! そして、楓のおじちゃんも住んでいるという島… 麻音と家族と旅館 ごゆっくりおくちゅ… おくつろぎください 麻音の実家の旅館は風情があ...
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想 (時は零から)
麻音にとって大切な場所 将来のことはまだぼんやりとしかわからない麻音、そんな麻音の将来のことを本気で心配する親友、そして自分の好きなようにしなさいと言う親。 今回は家族愛と友情を描いた良い話でした。
たまゆら~hitotose~ #4 (桜詩~SAKURAUTA~)
【潮待ち島に聞こえる音、なので】 たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]出演:竹達 ...
たまゆら~hitotose~ 第4話 (ニコパクブログ7号館)
第4話『潮待ち島に聞こえる音、なので』たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]今回は ...
たまゆら~hitotose~ 第四話 感想 (知ったかアニメ)
旅館の女将か口笛師か 「たまゆら~hitotose~」第四話感想です。 おかえりなさい(初回限定盤)(2011/10/26)坂本真綾商品詳細を見る
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」感想! (くろくろDictionary)
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 麻音ちゃん回だ! 麻音Ver.のCMも登場! 麻音の実家は旅館。 夏休み、みんなでその旅館へ行くことになった。 麻音も竹原土産をもって...
たまゆら ~hitotose~ 4話 (10+1次元の世界)
麻音の両親がすごくいいキャラ!
たまゆら~hitotose~4話感想~ (ブラり写真日記、京都から~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「潮待ち島に聞こえる音、なので」 夏休みになり、楓達は、麻音の実家のある大崎下島に遊びに行った。 麻音可愛いよ麻音 そして、楓達は、麻音の案内で大崎下島を散策。 すると、おばあちゃんに会うためにやって来ていた小町と遭遇する。 そ...
■たまゆら~hitotose~【第4話】潮待ち島に聞こえる音、なので (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
たまゆら~hitotose~ #04の視聴感想です。 夏休み。 小旅行。 思い出。 夢。 家族。 自分自身のなりたいものになればいい。 ↑さぁポチッとな
たまゆら ~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (無限回廊幻想記譚 別宅)
沢渡楓が竹島に引っ越してきて始めての夏休み。 早くも夏休みに突入したのか。この1
麻音は本当に・・・ 「たまゆら~hitotose~」 第4話の感想。 (あるアッタカサの日常)
「いいお友達を持っているね」
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (カザミドリ〆)
夏休み、なので。 良い家族だなぁ。
たまゆら~hitotose~ 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 感想 (メルクマール)
カメラを持って旅に出たいなぁ、という気持ちにさせる作品。 たまゆら~hitotose~ 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 のレビューです。
たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
大長から御手洗へ向かう途中に描かれていた観光案内板が気になって少しググってみたのですが、御手洗は一時期瀬戸内航路の潮待ち・風待ちの中継港として大いに栄えていたそうですね。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books...