「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『リトルバスターズ!~Refrain~』 最終回 観ました

2013-12-29 01:14:48 | アニメ
ここはやはり綺麗に願望を叶えるために二人で助け合って、みんなを助けるウルトラハッピーエンドってことになりました。ただ、それは単に奇跡が起きたのではなく、理樹と鈴がみんなを助ける努力をした結果なので観ていてああこれじゃなぁ~感はしないで済んだと思います。つまり現実では、二人だけなら絶対に助かる(二人だけで逃げる)を選ばずに、困難だけれどもみんなで助かる案を実行した結果、大怪我をした者はいたけれども死人を出さずに済んだと言う。それは、助けた理樹や鈴にしてみれば、奇跡でもなんでもなくてそうなるように努力した結果であるだけなんですよね。でも、傍目で観るとそれは奇跡と言える。

ゲームプレイ済みの方のコメントをみていると、このみんなが助かるエンドは一度、理樹と鈴しか助からないエンドを経験してからでないと見られないことになっていると読みました。それは、事故でみんなが助かるには非常な困難が待ち構えて居るからにほかならないからで、そこで安直に選択肢次第でみんなが助かると言うようなものではないことを表したかったからなんだと思うのです。ですが、そこまでアニメや小説で再現しちゃうのは視聴者や読者にとってみんなが助かってよかったねと言う感動をスポイルすることにほかならないんじゃないかと思うので、今回の結末で非常に満足出来るものになったと思います。

第一、前回の結末が鈴ちゃんがその先にどんな困難が待ち構えていても大丈夫になるオマジナイ『よ~し!!』と小毬ちゃん直伝の必殺技をカマしているのに、みんなを助ける行為が無駄になると言うのは、あまりに無慈悲です。
あれをしてみせたからには、だいじょ~ぶ、キットみんな助けられる。
そう言う予告的なものだったと思うのですね。
そう言う意味で、非常に良いつなぎだったと思います。

冷静に考えると、そのあとのお話で、一番、重症で入院が長引いていた恭介が退院してきていきなりワンボックスカーでみんなを乗せて修学旅行の続きをしようってドライブして砂浜に行くってのは、悪い冗談のような気がしましたけれども(いや、高校生がワンボックスカーで友達を乗せてドライブって図式は、事故ってみんな…)、アレはアレで物語なので良いのかも知れません。まぁ、恭介は何時、運転免許を取っていたんだとか疑問はイロイロあるですけれどもそこいらへんは流しちゃいます。

そんなこんなで、長かった3クールの物語は終わり大団円を迎えました。
あとEXシリーズのオマケだけですがなんとかそれもテレビでみたいモノです。そのへんなんとかならんかと思いつつ…

そんなこんなでこのお話の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々の記事を参照にしてくださいませ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メリークリスマス!! | トップ | 『<物語>シリーズ 第2シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話(最終回) 「リトルバスターズ」 感想 (ひえんきゃく)
最終回はどうなるかと思っていましたが、よかったですよ。 ハッピーエンドで終わってくれたことにも満足です。 深く、どこまでも深く――。 理樹の意識は暗い闇へと沈んでいった。 壮絶な事態が進行する中で、理樹は何もすることができない無力感に苛まれた。 ―な...
リトバス Rf 第13話「リトルバスターズ」 (Old Dancer's BLOG)
 仲間たちの思いを手に、彼らはここへやってきた。  過酷な現実を乗り越えるために。  そして、その力をくれた仲間たちを救い、またともに笑い、一緒に前へ進むために。  できるだろうか。乗り越えられるだろうか。  ふとそんな思いが彼らの頭を...
リトルバスターズ!~Refrain~第13話 (二次元世界を追い駆ける日々)
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2014/01/08/205235 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている...
リトルバスターズ!Refrain 第13話(最終回) 「リトルバスターズ」あらすじ感想 (コツコツ一直線)
長く続いてきたリトルバスターズも今回で最終回。みんなを救うために過酷な現実へ立ち向かう決心をした理樹と鈴。二人は恭介達を救うことができるのでしょうか…?最後まで理樹&恭介押しで笑。アニメは恭介ルートだったのかも。  最終回ということで....