Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

自分に出来ることで役目を果たす

2012年09月27日 | 山の仲間


毎週水曜日は「山人」のアリーナトレーニングの日です。
山歩きでもちょっとした岩場などは出てきます。
そんなところを不安なく通過するには岩登りの経験が役に立ちます。

それに、岩登りをやっていると歩くときの足の運びがきれいになります。
ドタバタと足を運ぶのではなく、スッ、スッ、と「静加重静移動」の歩きになります。
それは疲れない歩き方に繋がりますし、転倒などの事故を未然に防ぐことになります。

山人の人工壁トレーニングは、グレードの追求ではありません。
もちろんそんな意識を持って取り組むことは大事です。
昨日まで登れなかったルートを今日登れた、それは自分自身の大きな自信になります。
そしてその努力と実績は、きっと山で活きて来ます。

山人ではロープを用いる山登りをすることがあります。
そのためにもロープワークに慣れておくことは必要です。

ですから、積極的にビレイもしてもらうことにしています。
登らせてもらったら、今度は自分がビレイをする。
当たり前のことです。

いつまで経っても、登らせてもらうだけの人は勘違いしていると言わざるを得ません。

「自分に出来ることで役目を果たす」

その精神が大事だと思います。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山の事故が中高年に多い理由... | トップ | ヘリで下山? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。