Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2016.02.28 長与の山を散策(碑の岳、丸田岳、仙吾岳)

2016年02月29日 | 山歩き

山行日・・・2016.02.28
登った山・・・長崎県長与町の山「碑の岳」「丸田岳」「仙吾岳」
天気・・・晴れ
メンバー・・・jimny、mimimama
*ヤマレコデータ 


今日は午前中にちょっとした用事があったので、
短い時間で楽しめる地元の山を久しぶりに歩いてきました。

私が住む「長与町」 は、海と山に囲まれた自然豊かな街です。
なかでも美味しいミカンは私も大好きです。
今日は、そんなミカン畑の中をテクテクと歩き回ってきました。

長与駅前の中尾城公園の駐車場に車を置いて、緑ヶ丘団地の左手にある旧道を歩きました。
足元には「オオイヌノフグリ」、農家の庭先には梅の花が咲き誇っていました。

標識に導かれて、「碑の岳」直下までやってきました。
ここまで車も入りますが、途中は道路が崩壊したらしく復旧工事中でした。
(車は通れるみたいです)

碑の岳には設置されているロープを頼りに登ることになります。
山頂はすぐそこですが、アスレチック気分を味わえる面白い山です。
山頂からは長与の町から岩屋山、長崎市内、それに我が家も見ることができます。(笑い)

碑の岳から下って、次は丸田岳へ。
農作業用の舗装道路を歩いて進み、アンテナが立っている広場から山道へ。

丸田岳から少し進んだところから左へ下ると「タンタン岩」へと出ます。
高度感が素晴らしい岩ですが、危険なので現在は柵が設置されています。

タンタン岩から再び登りをがんばると「仙吾岳」に到着です。
ここから右に鋭角に曲がり降りていくと「扇塚公園」。
若い子たちがテニスを楽しんでいました。

一休みして、いつもは東の本川内駅の方へ下るのですが、
今日は西の船津橋方面へ下りました。
途中「毘沙門天」の鳥居を見つけたので立ち寄ってみると、
思いの外立派で地元の方に昔から大事にされていた様子がうかがえました。
昔は奉納相撲が行われていたのでしょう。土俵の形が残っていました。

猪除けの柵を越えて道を歩くと、長与の街はすぐ近くです。
いつもは車で走り抜けてしまう町並みを、ノンビリ歩きました。
楽しい時間でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多良山系の美味しい水 | トップ | 2016.03.21 九重・花牟礼山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。