Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

盗人萩・・・ヌスビトハギ

2012年09月22日 | 山で思うこと
可哀想な名前がついた花がある。 ヌスビトハギ(盗人萩)

映りが悪くてスイマセン・・・・

あるところに、こんなことが書いてあった。

「平地から山地、道端、草むら、林縁など日本全国どこでも見られる多年草。
 花はハギに似ているが、実を包むさやの形が、足の裏の外側を使い、
 抜き足、差し足でそぉ~っと歩く時の足跡に似ているからとのこと。
 たしかに! 裸足や足袋を履いて足の外側で歩くとそのような足跡になる!
 昔の人の観察眼と名前の付け方にはいつも感心させられる。」

確かにそう言われて見てみたら、そんな足跡でした。


この日の多良岳には、秋の花がたくさん咲いていました。











花の名前は・・・・詳しくありませんので、みなさんで調べてくださいマセ。。。

本日歩いたコースは、黒木→シャクナゲ尾根→舞岳→経ケ岳→中山越→金泉寺→黒木 でした。

展望台から


舞岳山頂


経ケ岳山頂


私はやっぱり多良の山が好きです。
遠くの山に登った後に多良に登ると、「帰ってきた・・・」そんな気持ちになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤木沢が可哀想? | トップ | 山の事故が中高年に多い理由... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。