Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

12/22・岩屋山レポート

2012年12月22日 | 山歩き
私のホームページでは簡単なアクセス解析をしています。

一日にどれくらいの人が見ているか。
どのページを見ているか。
県別のアクセスはどうか。
検索キーワードの順位はどうか。
そのような事がわかります。

検索キーワードは、「長崎 山登り」とか、「長崎 登山」、「長崎 山の会」などが多いですが、
結構と言うか、意外と言うか、「岩屋山」と言うキーワードはベスト3位に入るのではないでしょうか。
それだけ岩屋山のことを知りたい人が多いということなんでしょうね。

そこで、今日は岩屋山へ登りました。
「長崎県の山登り」とか「分県登山ガイド」などには、
ほとんどが岩屋神社からの谷筋のコースが紹介されているようですが、
最近の岩屋山の人気ルートは、岩屋神社の鳥居のところから左に入り、
山腹を巻くように登っていくコースのようです。

岩屋山には、この山を愛する登山者の方たちが開いたたくさんのコースがあります。
どれも味わい深く面白いコースです。
標高500mにも満たない低山ですが、長崎市民には人気の山で平日でも多くの登山者で賑わいます。

今日のコースは、岩屋神社への参道を10mほど歩いたところから左に入ります。
駐車スペースもありますので車で来られても大丈夫です。
しっかりした踏み跡がありますので迷うことは無いと思います。
5~10分ほどトラバース気味に歩くと、道は少しずつ傾斜がきつくなってきます。
しばらくで道は再び緩やかになり、程なく丸木で組まれたベンチのあるところに出ます。
左からは登山道が出会います。


ベンチを通り過ぎて登っていくと、油木方面からの自然歩道と出会います。

この自然歩道を登って行っても岩屋山山頂へ到達しますが結構な急登です。

今日はこの自然歩道を横切ってそのまま先へと進みます。


すぐに林道と出会います。


林道を左に取り、少し下り気味に進むと10mほどで右に入る山道があります。


この道に入り進んでいくと前方に明るく開けたところが見えてきます。


開けたところに出る手前に右に登っていく山道がふたつあります。

これは手前の道です。


これは先の道。


今日は手前の道に入りましたが、先の道も楽しいルートです。
どちらの道も手熊方面からの自然歩道に合流します。


広々とした自然歩道に合流した後は、進路を右に取り進んでいくと程なく岩屋山山頂です。


山頂に出ました。


長崎市内が一望できます。


祠に一礼


長崎港と女神大橋



下山は往路を戻りますが、登る時に自然歩道に合流する地点を
しっかりチェックしておくことが肝心です。

では、長崎市民に愛される山「岩屋山」登山を楽しんでください。
自信のない方は経験者に案内してもらってくださいね。
低山とは言え、岩屋山でも時々遭難騒ぎがあっています。

くれぐれもお気をつけて・・・・・
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登山靴よ、さようなら | トップ | 最後の冬靴? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長崎七高山巡り (神戸のhiro)
2012-12-22 19:34:04
こんにちは 突然すみません 今年の7月神戸から長崎の岩屋山に行きましたが 雨でした 神戸空港から飛行機も遅れて出ました 来年1月長崎七高山巡りをしたいと予定してましたが残念行けなく成りました それで長崎の人の山登りのブログを見ていますありがとうございます 昨日も岩屋山の山登り そよかぜさん 山が呼んでいる のブログを見ました 長崎市民に愛される山ですね 来春には雲仙や多良岳オオキツネノカミソリは見に行きます これからも楽しく拝見します よろしくお願いします
Unknown (Jimny)
2012-12-23 22:14:38
神戸のhiroさん、こんばんは。
長崎七高山、楽しみですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。