Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2016.02.21(日) 十坊山・浮岳(福岡県の山) 

2016年02月22日 | 山歩き

山行日・・・2015.02.21
登った山・・・福岡県の山「十坊山」「浮岳」
天気・・・晴れ
メンバー・・・jimny、mimimama
*ヤマレコデータ 


土曜日は雨で会の山行は中止になりました。

翌日は晴れの予報だったので、「どこか山に行かねば!」と思案した挙句
福岡県糸島市にある「十坊山」と「浮岳」を訪ねてみることにしました。
このふたつの山は、まだ登ったことのないピークです。

背振山系の主要な山からは少し離れた位置にあるために、これまで登る機会に恵まれませんでした。

朝7:30出発の予定が・・・いつものとおり8:00頃の出発となりました。(笑)
長崎自動車道を多久ICで降りて、厳木有料道路で唐津へと走りました。
ナビに導かれて白木峠登山口到着は10:00少し過ぎでした。
登山者のものと思われる車が3~4台停まっていました。
我々も身支度をして十坊山へと向かいます。
昨日の雨のせいで登山道はズルズル状態です。
今日は先日博多のショップで購入したカッコイイ(と本人は思ってる)ズボンなので、
滑らないように慎重に歩きました。

急な登りとルンルンの平坦な道を何度かこなして進んでいくと、
頭上が明るくなり、山頂が見えてきました。
大きな岩が鎮座しています。
「坊主岩」と書かれています。
岩のある山頂からは玄界灘や福岡方面、唐津市街地などが一望できました。
背振山系の山々には岩を持つピークが多いような気がします。
井原山しかり、雷山しかり、蛤岳しかり、そしてこの十坊山も・・・

海の方から後方に目を転じると、きれいなピークが目に飛び込んできました。
「浮岳」です。
時間にも余裕があったので「浮岳」にも登ることにしました。
白木峠まで戻り、車道を横切るとそこが登山口です。
右下にゴルフ場を見ながら歩いていきます。
チラッと、目指す「浮岳」の秀麗な山容が見えましたが、
その後は単調な登りに終始します。

最後は結構な急登をがんばると、「浮岳」の山頂に出ました。
立派な鳥居が建っていました。
この先に展望の良い岩があるとのことでしたが、途中まで行って引き返してきました。
帰宅後、調べてみるともう少し進んだところにあったようです。
山頂下の広場のようなところでお昼をいただき、往路を戻りました。

十坊山登山口

山頂が見えてきた

坊主岩

白木峠に戻り、道向こうから「浮岳」へ登ります

下山は往路を戻りました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時の流れ・・・(かつての沢... | トップ | 多良山系の美味しい水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。