Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

地図を持たない山登り

2012年04月09日 | 山で思うこと
4/8(日)、阿蘇の烏帽子岳と杵島岳に登りました。
詳しくはレポートをご覧ください。

4/7(土)は仕事関係の送別会が熊本市内であったので、そのまま熊本泊りでした。
私の職場は各県ごとに小さな組織があって、
今回は宮崎県の担当者の方が退職されることになり、
各県から集まりやすい熊本市での送別会となりました。

熊本と言えば、「馬刺し」に「辛子レンコン」他にも美味しいものがたくさん出て来ました。
食べて飲んで遊んで・・・・・

翌日は、みんなで熊本城見物に行くと言うのを自分だけ、「ちょっと山へ・・・」
なんて、小さな声で告げて出てきたのでした。

長崎を出るときに、どの山に登るか決めていなかったので地図は用意していませんでした。
熊本県の山のガイドブックだけを持って出て来ていたのですが、
ホテルのベッドであれこれ考えて、まだ登ったことのない、
阿蘇の「烏帽子岳・杵島岳」に登ることにしました。

草千里と言う観光名所もまだ見たことがなかったので、ちょうどいい機会でした。

登山口の「湯の谷温泉」を探すのにちょっと苦労しましたが、なんとか登山口に到着。
荒れ果てた廃業したホテルみたいな建物がありました。
私のほかには登山者と思われる車が3台。

身支度をして、二日酔いの頭を抱えてガイドブックを頼りに歩き出しました。

初めて登る山に地図を持ってこなかったのはこれまでなかったように思います。
地図がないとやはり不安ですね。
今どのあたりを歩いているのかがわかりませんし、
この先は急な登りがあるのか、それとも緩やかなのか、
尾根道になるのか、谷沿いなのか、そんないろいろな情報がわからないので不安でした。

こんな状態でコースを外せば、きっと遭難するんでしょうね。
だって現在地がわからないんですから・・・・・

先輩たちに教わって、地図とコンパスが使えるようになって、
今は当たり前のように思っていましたが、
地図のない山登りが如何に危険で不安なものかがよくわかりました。

草千里まで登りあがって、展望が利くようになってからは、そんな不安もなくなりましたが、
この日は良い経験をすることが出来ました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボッカやってるよ! | トップ | 静かな九重 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。