Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

11/24・多良岳(山の師匠に会いました)

2013年11月25日 | 山の仲間
新しい会員さん3人の歓迎山行と言うことで多良岳に登りました。
コースは、黒木~西野越~金泉寺~多良権現~本多良~六体地蔵~金泉寺(昼食)~黒木。

今年の多良岳の紅葉は例年以上に色付きが鮮やかな気がします。
八丁谷のモミジの大木は素晴らしいものでした。

多良権現から本多良へ登り、六体地蔵さんへの下り坂に戻る途中で20人ほどのパーティーと出会い
私たちは彼らに道を譲り、登山道の横の方でやり過ごしました。

そのパーティーの最後尾には、なんと かれこれ20年以上前に
私がはじめてお世話になった山岳会のS会長が付いておられました。

Sさんとお会いするのはずいぶん久しぶりでした。

私は日頃のご無沙汰と、何の恩返しも出来ぬまま会を去った非礼を詫びました。

Sさんは体調も良いとのことでお元気そうでした。

私はSさんからたくさんの事を学びました。
それは技術的なことばかりではなく、山に向う姿勢や山との関わり方とか、そんなことでした。

「山登りはスポーツではない、山登りは文化だ。」と言うのが
Sさんの山との関わり方の原点だろうと私は理解しています。

もちろん、山に登るには体力が必要です。

でも山を楽しむのは体だけではなく、頭や心だと私も思います。

そして心に残る山行とは、思いを共有できる感性を持った仲間と同じ時間を過ごせた喜びから
生まれるのではないでしょうか。

ほんの短い時間にSさんといろんな話が出来ました。

ここでは書き切れない興味深い(と言うか山岳会とはなんぞやみたいな・・・)話も
またの機会があれば書かせてもらいたいと思います。

雲海に浮かぶ雲仙岳


八丁谷の紅葉


同じく八丁谷の紅葉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/23(土)背振山から蛤岳へ | トップ | バス停の君 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。