Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

スントの時計

2016年12月03日 | 徒然

私の山時計はスントです。
過去のブログにこのスントの時計のことを書いたことがあって、それを見たところ16年ほど使っていることになります。
ところが1年ほど前から調子が悪くなり、何度調整してもしばらくすると勝手に日付がリセットされるようになってしまいました。
そんな状況が続いたので最近は使わないままになっていました。
最近ネットをブラブラ歩いていたら、同じようなトラブルにあっている人のブログを見つけました。
「電池次第でそのようなトラブルになることがある。国産の電池を使えばOK」と言うのを見て、さっそく新しい国産の電池を購入し時計に入れてみると・・・・
見事に復活!!
もう16年も使っているし、寿命かな・・・・と、考えていたのですが、さすがスントです。
まだまだ山の相棒として活躍してくれそうです。
このスントの時計は、16年前に私が憧れていた登山家の戸髙雅史さんと会う機会を得て、当時戸髙さんがスントのアドバイザーをしていた関係で購入したもので、とても思い入れがある時計なのです。その時、戸髙さんと会う機会を作ってくれた人は今はなくなってしまいましたが、私の山の大恩人とも言える方なのです。
そんないろいろな思いがこもったスントの時計・・・
再び元気に動き出してくれてとても幸せです。


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.11.20(日)雲仙・九千部岳 | トップ | 2017年の登り初め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。