Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

礼文島と利尻山

2017年07月31日 | 山歩き

北海道・礼文島と利尻島へ行ってきました。

行程は、

7/27(木)自宅(タクシー)→長与駅(JR)→長崎駅(かもめ)→博多駅(地下鉄)→福岡空港(スカイマーク)→新千歳(バス)→札幌(夜行バス)→稚内

7/28(金)稚内(フェリー)→礼文島(レンタカーでドライブ)フェリー→利尻島(ペンション・レラモシリ泊)

7/29(土)ペンションの送迎で登山口へ→下山後温泉→フェリー乗り場へ(フェリー)→稚内(夕食)夜行バス→札幌

7/30(日)札幌(地下鉄)→新千歳空港(スカイマーク)→福岡空港(地下鉄)→博多駅(かもめ)→長崎(JR)→長与(タクシー)→自宅


★ログと花の写真などはこちらにアップしています。
★簡単に動画も作りました。
★札幌に寄りたいところがあったのでこんな行程になりましたが、長崎から稚内へもっとも効率的に行くには、長崎空港→羽田→稚内空港だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1ケ月近く前に膝を痛めて、トレーニングがまったくできないまま登山の日を迎え、少々不安を抱えての出発となりました。

早割りのチケットも購入しているし、「調子が悪かったら途中で降りればいいさ、」と思いながら・・・・

飛行機の中からは思いがけなく自分が乗っている飛行機が雲に映るブロッケン現象を見ることができました。
う~~ん、ラッキ-な旅になればいいなあ~~

今回の旅はまず礼文島に渡ります。

港の近くにあるレンタカーを借りて、島をドライブしました。
観光バスもあるのですが、フェリーで会った人からレンタカーを勧められたのです。
結果オーライでした。

有名なスポットを見て周り、アザラシちゃんもまじかに見れてよかったです。

再びフェリーに乗り利尻島へ渡ります。
港まで宿の車が迎えに来てくれました。
今夜の宿はおしゃれなペンション「レラモシリ」というところ。


利尻では有名な山岳ガイドさんが経営するペンションです。
私たちが泊まったこの日にも全国ネットのテレビ番組でオーナーがガイドで利尻山に登る様子が紹介されていました。
お部屋もきれいだし、お風呂も素敵だし、料理も最高でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は3:20分起床。

作ってもらった弁当をザックに入れて、オーナー自らが運転する車で登山口まで送っていただきました。

4:15、まだ薄暗い登山口のキャンプ場を出発。

第一見晴台、第二見晴台、八合目(長官山)、避難小屋と登って行くにつれガスに覆われてきました。

八合目から先は強風も加わり、あまり写真も取れませんでした。

なんとか、山頂まで到着し記念写真もそこそこに下山しました。

帰り道の稚内のフェリー乗り場には利尻山の大きな写真が飾ってありました。

今回はガスの中の登山となり、きれいな画像を撮ることができなかったので、その写真をアップします。
これは春の写真だと思いますが、良いお天気ならこんな風に見れるのでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい気分で山登りを楽しみた... | トップ | 雲仙にて、「真面目にやらね... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさい (エミリー)
2017-07-31 20:06:15
私も登りたい山です。
またいい山行ができましたね。
Unknown (にいちゃん)
2017-07-31 23:11:16
コメントありがとう。
天気がイマイチで残念でした。
ママがもう一度行きたいと言ってます。
今度はエミリーちゃんと一緒に! だって。
Unknown (エミリー)
2017-08-01 11:57:41
やったあ~
ぜったいに声をかけてくださいね。
待ってますよ。

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。