Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

ソロテント

2013年04月15日 | 山で思うこと
週末の夜、我が家に山の友達が集まりました。
と言っても、昔は一緒に山や岩に行っていましたが、
現在はそれぞれ違う山の会に所属していたり無所属の人など様々です。

話題はテントの話になりました。
最近は坊がつるなどでもソロテントの人を良く見かけるようになりました。
単独行の人は当然ソロテントになるのでしようが、パーティー登山のグループでも
それぞれが別々のテントを担いできて別々のテントに寝ているケースも多いようです。

それが単なる仲良しグループでの登山ならいいのかもしれませんが、
山岳会のパーティーとなると少し話が違うような気がします。

私が初めて山岳会に入会したときに勉強させてもらったことの中に
「テント生活」と言う項目がありました。
テントで暮らすこと自体も勉強する事のひとつだったのです。

テン場に到着したら全員でテントを設営し、自分に割り当てられた限られたスペースの中で
荷物の整理整頓を行い、食事をし就寝するわけです。
テントの中では先輩たちから山の話、会の話、などを聞いたり
新人さんからはこれまでの山の話を聞いたりこれからの豊富を聞いたり、
少しお酒も入ると、よし深い話や本音の話も飛び出して、
それぞれの人柄なども理解できるようになります。

狭い空間で同じ釜の飯を食べる付き合いは、メンバー相互を理解し合い、信頼を深めてくれます。
より困難な山へ向かうときにはメンバー同士の信頼関係は不可欠ですので、
ひとつのテントで暮らすことはとても大事なことだと思います。
また、ほんとうに厳しい山行の場合は、軽量化は必須なので
それぞれがソロテントを担げる余裕はないはずです。

それともうひとつ・・・
今年の夏山の計画を立てるにあたって、テン場のある山小屋のホームページを見ていたら
「最近はソロテントが増えて、テン場のスペースが足りなくなることがあるので、
 パーティー登山の方はできるだけソロテントはご遠慮ください。」
と言う案内がありました。

確かにソロテントは誰に遠慮も要らないし自分だけの空間を楽しむことができます。
私自身も個人的には「いびき」で迷惑を掛けるのでソロテントがいいんですが、
でもそれも時と場所を考えて使うことにしたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ですね~~~ | トップ | テントの話(続き) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テント (CJN)
2013-04-18 16:33:49
こんにちは
Jimnyさん
先日は偶然おあしましたね。あの後花立山に行って帰宅しました。そしてこの後10日~17まで胆管炎で入院でした。胆石が詰まっていたのです。胆嚢は昨年摘出しました。
テントは澤熊君と坊がつるに行こうということになっていましたが、もう体力的に難しそうです。屋久島に行ったときに2回のみです。
Unknown (Jimny)
2013-04-18 16:43:44
CJNさん、コメントありがとうございます。

そうなんですか、お大事にされてください。
でも、これまでの記録は前人未到じゃないですか。
これからは、のんびり楽しんでください。

私も体力の衰えを感じる今日この頃です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。