ごじゃっぺ日記(旧、看悶日記)

京都生まれのにわか茨城県民が、あほでいいかげんな日常をつらつら記した、まさにごじゃっぺな日記である

40年ぶりの黄檗山萬福寺

2017-08-13 23:41:01 | 名所旧蹟の話
前回行ったのは小学校1年生の遠足だったので、ざっと40年ぶりの再訪です。

宇治市にある黄檗山萬福寺。

この時期、境内はいたるところに蓮の花。

布袋さんがお出迎え。

黄檗宗…隠元禅師が開祖の中国式の禅宗寺院です。

こちらは、木魚の原型と言われる魚梆。こん棒で腹を強くたたき時間を知らせるために使われます。
いぜん長崎の興福寺にもありました。ちなみに萬福寺は本山に当たります。

全山の雰囲気はやはり国内の禅寺とは異なり、中国の雰囲気です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新幹線で帰省 | トップ | 久しぶり叡山電車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名所旧蹟の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL