格安 DVD販売専門店

毎日新品の韓国ドラマ日本ドラマ,海外ドラマ人気ドラマDVD,人気アニメ,外国ドラマなどのDVD-BOXを最安値でご紹介。

「懲毖録」韩国ドラマ あらすじ 感想 最终回視聴率12.3%

2017-05-16 10:49:05 | 韓国ドラマDVD
20170515151205
「鄭道伝」の後続である【懲毖録 あらすじ】。主人公は、16世紀後半の朝鮮王朝で名宰相と謳われた柳成龍(ユ・ソンニョン)。彼が著した「懲毖録」を基に豊臣秀吉が朝鮮を侵略した壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の前夜から7年にわたる戦乱期を描く。李舜臣将軍の活躍した戦場が舞台ではなく、王と官僚たちが政策を論じ、決定する朝廷内部で繰り広げられる政治ストーリーである。

 

視聴率調査会社ニールセン・コリア(全国世帯基準)によると韓国で2015年に放送終了となったKBS 1TV大河ドラマ「懲毖録」は12.3%の視聴率を記録した。1日の放送(10.5%)より1.8%ほど上昇した【懲毖録 感想】。

 

同日、「懲毖録」では李舜臣(イ・スンシン、キム・ソクフン)の死が描かれた。露梁海戦で「私の死を知らせるな」という言葉を残し、戦死した。リュ・ソンリョン(キム・サンジュン)は宣祖(キム・テウ)に「君主としての責任を果たさなかった」と非難した。

 

「懲毖録」の後番組としてはソン・イルグク主演の大河ドラマ「チャン・ヨンシル」が【懲毖録 視聴率】、韓国で先年1月から放送される。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「W 罪人の嘘」動画 あらすじ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。