かもめ見聞録

奇跡の炎上大王バーンをなま暖かく見守っていた、千葉ロッテ応援日記。

まりんがん

2017-11-07 00:00:01 | 千葉ロッテ
井口マリンガン!ロッテ初紅白戦で両軍合わせ27安打21得点 【スポニチアネックス】

 ◇紅白戦 白組14―7紅組(2017年11月5日 鴨川)

 新マリンガン打線への第一歩を踏み出した。千葉・鴨川で秋季キャンプを行っているロッテは5日、井口資仁新監督(42)就任後、初めての実戦となる紅白戦を行った。打撃陣は両軍合わせて27安打で21得点と活発。今季限りで現役を引退し、指揮を執る井口監督は「攻撃的野球」を掲げており、打撃強化に取り組んでいる成果が早くも表れた。

 10年から実施している秋季鴨川キャンプ史上最多となる5500人が集まった井口新監督の「初陣」。テレビ収録で訪れたKAT―TUNの亀梨和也が始球式を務めて花を添えただけでなく、野手陣も祝砲を撃ち続けた。4本塁打を含み、両軍合わせて27安打21得点。42歳の若き指揮官は「取り組んできたことが形として出た。なかなかシーズンでもこれだけ点が取れることはない」と満足そうに初の実戦を振り返った。

 一人一人が力強いスイングを披露した。5回に紅組の4番・井上が追い込まれてからの直球をバックスクリーンに叩き込み「練習の成果が出せた一本だった」と納得の表情だ。正遊撃手を狙う平沢は2本の長打を含む3安打。「まだまだ継続して振っていかないと」と話すが、一定の手応えをつかんだ様子だ。

 井口監督が求めるのは、球威に負けない打撃。逆方向への強い打球を持ち味とし、日米通算2254安打を放った自身のスタイルでもある。ダイエー(現ソフトバンク)時代に教えを受けた金森新打撃コーチとともに改革を断行。同コーチの提案でキャンプではボールを置いた状態からのロングティーを重点的に課す。全体練習後に、野手陣は一斉に2秒間隔で打ち続ける。体の内側からバットを出し、下半身主導で体を回転させる力強いスイングを秋の間に根付かせるつもりだ。

 積極的な走塁もテーマのひとつ。指揮官は就任以来「アウトになってもいいから、どんどん先の塁を狙おう」と呼び掛ける。白組の5番・大嶺翔が5回に右中間の打球で三塁打にするなど効果が出始めている。強いスイングと走塁意識。最下位からの巻き返しへ「攻撃的野球」の土台づくりは着々と進んでいる。 (池田 翔太郎)[了]



えぇ。
誰が何と言おうと、井口マリンガンなんです☆≡(>ω<゛)≡

紅白戦だから、ただ単に鴎投手陣が炎上かましたダケなワケはないんですよ??
イイですか??
鴎投手陣だから打っているんではなくて、コレがたとえ則本が相手だろうが、菊池だろうが打ちまくりですよ(≧▽≦)ノ

きっと。

うん…(´・ω・`)





来季のチーム打率はきっと3割だね(・ω・;)(;・ω・)


『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカシ=サンFAの可能性 | トップ | メジャー行き(希望) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そうじろう)
2017-11-07 02:23:23
四死球と失策の数は非公表なのでしょうかね。
一見派手に見える安打数、得点数の陰で、おびただしい数の残塁とか、ないですよね。
>そうじろう様 (次兄)
2017-11-15 23:33:16
ない!
とは言い切れないのが、かもめクオリティー(≧▽≦)

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事