かもめ見聞録

奇跡の炎上大王バーンをなま暖かく見守っていた、千葉ロッテ応援日記。

明日はトライアウト

2017-11-15 00:00:01 | 千葉ロッテ
【トライアウト】前ロッテ・菅原祥太「身体能力抜群の荒削りな原石」 【週刊ベースボールONLINE】

ポテンシャルを発揮できず支配登録を勝ち取ることができなかった菅原
 11月15日、マツダ広島で12球団合同トライアウトが開催される。野球人生を懸けた勝負を繰り広げる戦力外選手たち。参加予定者の球歴を紹介する。

■プロフィル
名前:菅原祥太(すがわら・しょうた)
ポジション:外野手
生年月日:1993年9月19日(24歳)
身長・体重:183センチ95キロ
投打:左投左打
経歴:駿台学園高-日本ウェルネススポーツ大-ロッテ17(育成2位)
2017成績:42試合 15安打 0本塁打 6打点 3盗塁 打率.179(イースタン)

 今季、育成2位でロッテに入団した菅原祥太に“時間”というチャンスが与えられることはなかった。3ケタ番号のまま、1年で戦力外を告げられた。

 チームの新人の中では最後の指名だったが、1月の新人合同自主トレでは誰よりも周囲の注目を集めていた。速い、強い、でかい。ポール間ダッシュではほかの選手から一歩遅れてスタートしながら、悠々と同僚たちを抜き去っていく。

 95キロの巨体ながら50メートルを5秒74で駆け抜け、体力テストでも軒並みトップの数字をたたき出した。その身体能力が首脳陣の目に留まり、春の石垣島キャンプで球団初となる育成新人の一軍スタートを勝ち取った。

 しかし、すぐにカベにぶつかった。実戦になるとバットがボールに当たらない。「ボールに慣れていけば、スイングスピードは通用する」とわずかな手応えを得ながらも、プロの体感スピードについていくことができず、自慢のパワーを見せつけることができないまま時間だけが過ぎていった。

 それでも大村巌二軍打撃コーチは、「バットを強く振れる。それは魅力的な要素」とポテンシャルは認めていた。ただ、「どれくらい時間がかかるのか」という問いには、「その時間を早めたいですけどね、育成選手ですから」とも口にしていた。

 結局、球団はその“時間”を待つことができなかった。菅原は戦力外を告げられるとすぐに「やり残したことがいっぱいある」とトライアウトへの挑戦を決めた。荒削りな原石は、己を磨く場所を手に入れることができるだろうか。[了]


今年も合同トライアウトの時期がやってきましたね(^_^)
プロの目は、戦力外の方向にはかなり正確なので(実績のある選手の場合には、そうは思いませんけども)実際のところ、ものすごく望みが薄いことは百も承知で。
それでも…

それでも、せっかく縁あってかもめ~ずに入団した選手が、どこか他球団の目に留まって、プロとしてやっていけるかもしれないと思うと、祈らずにはいられないのです(・ω・;)(;・ω・)

記事にある菅原は、かもめ~ずの育成選手。
かもめ~ずは、少なくとも、今年のパ・リーグでは最弱のチームです。
選手層がめちゃくちゃ分厚くて、他所なら1軍で通用するかもしれないのに、それでも戦力外になるような戦力過多の球団ではありません。
2軍で打率2割切る選手が生きていくには、何らかの突出した一芸がないと、厳しい世界です(´;ω;`)

50m5秒74は、めちゃくちゃ速いですが、盗塁技術はそういうコトだけではありませんし(;^_^A

でも。
明日の打席で、ナニかが菅原に取り付いて、人生で最も良いスイングができて、スカウトの目に留まらないか
と願わずにはいられないのです☆≡(>ω<゛)≡

明日トライアウトを受ける元かもめ戦士は、菅原を入れて6人です。
頑張ってもらいたいですね(;''∀'')

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燕さんの温情 | トップ | トライアウト2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事