かもめ見聞録

奇跡の炎上大王バーンをなま暖かく見守っていた、千葉ロッテ応援日記。

敢闘賞

2017-07-16 00:00:01 | 千葉ロッテ
ロッテ鈴木が敢闘賞 マリンで活躍「最高の結果」 【日刊スポーツ】

<マイナビオールスターゲーム2017:全パ3-1全セ>◇第2戦◇15日◇ZOZOマリン

 全パのロッテ鈴木大地内野手(27)が2安打1打点で敢闘賞を獲得した。

 「7番二塁」でフル出場。1-1の5回先頭で右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、秋山の右前打で勝ち越しホームを踏んだ。7回には、小川の低め149キロを捉え右越えソロ。マリンを本拠地とするロッテ選手の活躍に、球場は沸いた。

 「チーム状況が良くない中、選んでいただいて、千葉でやれて、自分としては最高の結果でした」と笑顔で振り返っていた。[了]


オールスター、全然見てないんですが、大地が敢闘賞をいただいたようで、ナニヨリですね(^_^)
ほめるんも打ったみたいだし(^_^)
MVPは3安打のパイネたんに持っていかれたみたいですが、上出来だと思います(^_^)

二木も2回無失点(^_^)
前の登板で炎上していただけに、ちゃんとお仕事できてよかったと思います。


で。

確か、もう一人選ばれていたと思いますが…





里崎氏、好機で二ゴロの田村に「精神的に置きにいきましたね」
 【ベースボールキング】

 『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた里崎智也氏が、パ・リーグの『8番・捕手』でスタメン出場した田村龍弘(ロッテ)について語った。

 田村は1-1で迎えた5回の第2打席、無死三塁とチャンスの場面で打席に回ってくる。ここで得点に結びつける打撃を放ちたいところだったが、結果は二ゴロ。三塁走者の鈴木大地(ロッテ)はホームに還ることができなかった。

 この打撃に里崎氏は「当てにいって、ちょっと二遊間の間を抜けてやろうと。小さいバッティングがセカンドゴロを生んでいるんですよ。もっとホームラン狙いで打って、外野フライで犠牲フライですから。精神的に置きにいきましたね」と喝を入れた。

 田村は8回に、大谷翔平(日本ハム)に代打を送られ交代。今年のオールスターはヒットを記録することができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING[了]

大天使からダメ出し喰らってる人が(´・ω・`)





……うん。




ひとりくらい、かもめ~ずっぽい選手がいないとネっ(≧▽≦)ノ

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さ~、ドラフトですよ、ドラフト | トップ | 後半すたんスタート »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (岡山の鴎好き者)
2017-07-16 06:15:37
オールスター位、右打ち狙わず思いっきり引っ張るとかして欲しいですなぁ
>岡山の鴎好き者様 (次兄)
2017-07-18 12:32:18
もう、ケチなヒットなんか捨てて、全員ほめるん狙いでいいんじゃないかな?
なんか、そういうお祭りですもんね。

たまには、MVPを、単純にほめるんたくさん打った人から選ぶんじゃなくて、意表を突くいいリードをしたキャッチャーとか、いい判断をした3塁コーチとかから選んだらいいと思う(≧∇≦)b

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL