時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

映画「STILL LIFE」

2017-06-11 | 映画 のこと

久しぶりにレンタルして観た映画は。。。
「おみおくりの作法」原題「STILL LIFE」2015年イギリス映画。 

ひとりきりの職場で静かに働き、ひとりきりで静かに生きるひとりの男性。
行政の一職員である彼の仕事は
孤独死したひとの身内や知人を探し葬儀への参列を呼びかけること。

ほとんどのケースは、たったひとりでのおみおくり。
それでも、亡くなったひとの生活の痕跡から垣間見える人となりから
お別れの言葉を準備し、音楽を選び、そのひとらしいお葬式に仕上げていく。

その丁寧でこころのこもったおみおくりは
観ていてなんとも心安らぐような・・・
もしも誰にも気づかれることなくあの世へ行くようなことがあったとしても
このひとが居てくれるならいいかな。なあんて気分になっちゃうよ。
現実にはこんなに優しい行政はありえないのでありましょう。

近年、カナシイ映画はもう観ないようにしていたんだけれどね。

この邦題「おみおくりの作法」という題名からして圏外だったのだけれど、
映画好きともだちが、「おすすめ。最後にいろいろ考えさせられるいい映画だよ。」
と教えてくれたもので、この度観たのでありました。

うん。いい映画ではありました。
でもせつない。生きてることがせつない。

『え~~そんな殺生な~』と思わずこころの声がダダ漏れしちゃうような展開のあとの
ラストシーン、なみだがとまりません。

かなしいけれど温かい おとなの映画です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 月に近いカフェ | トップ | 紫陽花サイン »
最近の画像もっと見る