時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

日々進歩

2017-07-01 | essay



昔のシゴト仲間のトモダチと久しぶりに呑む。

二十代で出逢ったトモダチなのだけれど、ふしぎなものでなんというか
こんなに時間が経つともう幼なじみみたいなキモチ。

たくさんの記憶の共有。
思えばもうあの頃からほぼ30年も経つのねえ。
テーブルに互いの記憶を並べてみると
パズルのピースみたい。

欠けてた記憶が補われてテーブルの上にキラキラした時間の記憶が
3Dみたいに浮かび上がる。おもしろいものだなあ。
戻りたいわけでもないけれど、いずれにせよ決して戻れない時間。
ひとつひとつがいとおしい時間たち。

経営コンサルを生業としているトモダチからは
会うたび、なるほどなあ!と目からウロコ!なアドバイスのシャワーを浴びる。(タダでごめん・笑)

まったりペース、面倒くさがりのわたしの脳の回転数がほんのいっとき
ちょっと上がる。

日々進歩。いろんなことを具現化して日々を生きているヒトって
いい顔をしている。すっかりおっさんでもね。

互いの生存確認をするためにもたまには顔をみてしゃべるってたいせつなことだなあ。

日々経験。毎日をちゃんと味わって生きよう。
先のこともわたしなりにちょっとは考えよう。。。
そんなことを改めて思わせてくれる古いトモダチに感謝、である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« シェイクとひまわりのタネ | トップ | みえない温度 »
最近の画像もっと見る