時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

紫陽花サイン

2017-06-14 | essay



母のすきだった紫陽花。
青いのが一番すきだったなあ。

額あじさいも、よく足を止めて「かわいいねえ」と眺めていたっけね。

紫陽花が蕾をつけはじめると
わたしのこころの水かさが少しずつ増す。

あっちでもこっちでも、まあるく咲き誇るようになると
こころの中のみずうみがちゃぷんちゃぷんと音を立てて波立つ。
あとはもう、あふれるままにすきなようにさせておこう。

紫陽花に見送られて
空へと上っていった母。

空からもみえているかな。みえているといいのにな。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 映画「STILL LIFE」 | トップ | 星野道夫さんの本 »
最近の画像もっと見る