時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

イグ・ノーベル「股のぞき」効果、わたしの場合。

2016-10-13 | essay

今年のイグ・ノーベル賞に「股のぞき」の研究をされている日本人が選ばれていた。
研究内容は詳しく知りませんが、いやはやーおもしろい。

前かがみになって自分の足の間から後ろを見る「股のぞき」
世界があべこべになってなんとも不思議な異空間になるんだよね。わかるわ~。

このニュースで思い出したのだけれど
わたし、子どもの頃、探し物が見つからないときは
股のぞきで探すと見つかる、という技(?)を持ってた。

誰かに教えてもらったわけじゃなく、経験からだったようだ。
見え方が変わるせいなのか、はたまた逆さまになることで頭に血がのぼって
脳が活性化されるのかは存じませぬが、股のぞき効果は確かにあった~。

でもその方法は、自分の家の中限定なので
(外でいきなりそんなんしてもね・・・)
いつの間にか、成長とともにその技は忘れ去られていったようです^^。

ま、ちょっとヘンなコドモであったことは確かなようです。


イグといえば、学生時代のともだちが「イグ」ってあだ名をつけられてたっけなあ。
あまりに世間のことを知らなすぎるお嬢さん故に付けられたのだった。
イグちゃんどうしてるかしら~?



さっき入ったニュースのボブ・ディランのノーベル文学賞もびっくり。本書いてたのか~!?
って思ったら歌詞の「詩」でなのね!おめでとうございます!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ひとり笑い。 | トップ | りんごのすったのん。 »
最近の画像もっと見る