時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

木のうろをみるたび・・・

2016-12-07 | essay



木のうろを見つけるたびに
条件反射みたいに昔ばなしの「こぶとりじいさん」を思い出すんだなあ。

木のうろで雨宿りしているうちに、うっかり夜中まで眠り込んでしまったお爺さん。
すぐそばで鬼の宴会が始まってしまい、見つからないように木のうろの中にじっと隠れてるんだけれど・・・
鬼の宴会があまりに楽しそうで、じいさん、ついつい浮かれて一緒に踊りだしちゃうんだよねえ。

小さい頃「木のうろ」に入ると、じいさんの疑似体験みたいでなんだかドキドキしたものだなあ。
オトナになると図体が大きすぎて、入れるうろはもうめったにないけどね。



歩いてたら、たまたま見つけた「うろ」。
のぞいてみると・・・わあ~トンネルになってた~。
ここをくぐると別の世界へ行けたりして。
なあんて。狭すぎて子どもでも通り抜けるのは無理ねえ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「Hold On Tight」 ELO  | トップ | 「デトロイト美術館展」上野... »
最近の画像もっと見る