時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

たけうまに乗る。

2016-10-08 | essay



シゴト先の幼稚園で、竹馬の練習をする子どもたちを手伝っていたら
自分も乗りたくなってきた。

昔、父が竹を切って作ってくれた本物の竹馬に
乗れるようになるまで庭で毎日毎日練習したっけ。

竹馬を押えながら
「体をね、前に傾けるようにしてごらん?自然に足が出るようになるよ。」
昔 父に言われたことを、そのまま子どもたちに言ってる自分。。。
助言されて、試して、実感したことって、忘れない。おもしろいものだなあ。

子ども用なので、オトナには丈が低いのだけれど
ちょっと乗っちゃってみました~。
わあ、何十年ぶりかの竹馬、乗れる乗れる!ちゃんと体は覚えているのだなあ~。

みてみて!乗れたよ~!
と園児に自慢してしまうわたしは、大人げないオトナであります(笑)
(体重制限、大丈夫だったかしら?)

昔ながらの健康遊具、竹馬はいいですねえ。
がんばれ~子どもたち~!

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 空に浮かぶ海 | トップ | ひとり笑い。 »
最近の画像もっと見る