時間のしずく time drops 

たいせつなもの。すきなこと。

りんごのすったのん。

2016-10-14 | essay

先日、久しぶりに扁桃腺を腫らして発熱。

小さい頃、熱を出すと母が必ず水まくらを作ってくれた。
赤茶色のゴム製で、金具で口をバチンと止めるやつ。

そして、いつも必ずりんごの擦ったのん 食べさせてくれたっけ。

二十歳頃からリンゴアレルギーになっちゃったので
もうあの生の擦りリンゴは食べられないんだけどね~。

熱を出して、ぽ~~と寝てると
ふしぎと母のあの「りんごの擦ったのん」の味を
そのまま口に想い出す。

このまま眠ってお母さんの夢でもみたいなあ~~と
コドモみたいな気持ちになって
寝てみるのだけれど、
熱の時の夢って、決まって理不尽でヘンでコワイよね。

ああ、夢でよかった~~~ってな夢ばかりみて疲れる繰り返し。

夢でいいから「りんごの擦ったのん」食べたかったわー!



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« イグ・ノーベル「股のぞき」... | トップ | 秋の森の赤 »
最近の画像もっと見る