新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

医心方 樟瘧

2016-12-19 12:43:30 | 方丈記

医心方とは、鍼博士丹波康頼が編纂し、永観二年(984年)朝廷に献上された日本現存最古の医学書である。

巻第十四「卒死并傷寒」
治樟瘧方 第十九
病源論ニ云フ
山樟瘧ナル此ノ病嶺南ニ生[ナル]ルハ山樟ノ氣を帶ビタレバ也。其ノ状寒熱ニ休作ノ時有リ。皆渓ノ源を挟ム嶺ノ樟毒ノ氣ニ由ル故也。其ノ病ハ傷暑ノ瘧ヨリモ重シ。ト。


参考
医心方 丹波康頼撰、槇佐知子全訳精解 筑摩書房
写真:今熊野観音寺医聖堂と医心方碑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芭蕉幻住庵句碑 菫 | トップ | 医心方 寒瘧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

方丈記」カテゴリの最新記事