新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

夏歌 立ち止まりつれ 筆者不明折帖コレクション

2017-04-23 13:19:00 | 新古今和歌集


      みちの邊に
し みす
 なかるゝやなきかけ
      しはしとて
         こそ
    立ちとまりつれ

新古今和歌集巻第二
   夏歌
 題知らず     西行法師
道の辺に清水流るる柳かげしばしとてこそ立ちとまりつれ

読み:みちのべにしみずながるるやなぎかげしばしとてこそたちどまりつれ





平成29年4月15日 4丁點參壱
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏歌 山の井 筆者不明折帖... | トップ | 夏歌 涼しく曇る 筆者不明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新古今和歌集」カテゴリの最新記事