新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 押し上げ方の 憂きひとしもぞ 葵、賢木

2017-06-19 07:27:00 | 源氏物語和歌



なに事につけても、みまさりはかたき世なめるを、つらき人しもこそと、あはれにおぼえ給人の御心ざまなる。つれながら、さるべきおり/\のあはれをすぐし給はぬ、これこそかたみになさけもみはつべきわざなれ、なほゆへづきよしづきて、人めにみゆるばかりなるは、あまりのなむもいできけり、たいのひめ君をさはおほしたてじ、とおぼす。つれ/ヾにて恋しと思らむかし、とわするゝおりなれど、たゞめおやなき子をおきたらむ心ちして、みぬほどうしろめたく、いかゞ思ふらむとおぼえぬぞ心やすきわざなりける。


賢木

 もみぢやう/\いろづきわたりて、秋の野のいとなまめきたるなどみ給て、ふるさともわすれぬべくおぼさる。ほうしばらのざえあるかぎり、めしいでゝ、ろむぎせさせてきこしめさせ給。所からに、いとゞ世中のつねなさをおぼしあかしても、なをうき人しもぞとおぼしいでらるゝおしあけ方の月影に、ほうしばらのあかたてまつるとて、から/\とならしつゝ、きくの花、こきうすきもみぢなど、おりちらしたるもはかなげなれど、このかたのいとなみは、この世もつれ/ヾならず、のちの世はたたのもしげなり。


第十四  戀歌四
  題しらず     よみ人知らず
天の戸をおしあけがたの月見れば憂き人しもぞ戀しかりける
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三夕 天明六年筆コレクション | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む