新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 道の果てなる常陸帯 藤袴、竹河

2017-06-22 07:11:00 | 源氏物語和歌

藤袴

おなじのの露にやつるゝふぢばかまあはれはかけよかことばかりもみちのはてなるとかや、いと心づきなくうたてなりぬれど、みしらぬさまに、やをらひきいりて、

たづぬるにはるけき野べの露ならばうすむらさきやかとならし

かやうにてきこゆるより、ふかきゆへはいかゞとの給へば、すこしうちわらひて、



竹河

少將なりしも、三位中將とかいひておぼえあり。
かたちさへあらまほしかりきや
など、なま心わろきつかうまつり人はうち忍びつゝ
うるさげなる御有さまよりは

などいふもありて、いとおしうぞみえし。比中將は、猶思そめし心たえず、うくもつらくも思ひつゝ、左大臣の御むすめをえたれど、おさ/\心もとめず、みちのはてなるひたち帯のと、てならひにも、ことぐさにもするは、いかにおもふやうのあるにか有けん。


第十一  戀歌一 題しらず よみ人知らず
東路の道のはてなる常陸帯のかごとばかりも逢ひ見てしがな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 端... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 幾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事