新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 端山繁山 常夏、東屋

2017-06-21 20:06:00 | 源氏物語和歌

常夏

 されど、わたり給ひて、御かたちをみ給ひ、いまは御ことをしへたてまつりたまふにさへことつけて、ちかやかになれより給ふ。ひめ君も、はじめこそむくつけくうたてとも思ひ給ひしか、かくてもなだらかに、うしろめたき御心はあらざりけりとやう/\めなれて、いとしもうとみきこえ給はず、さるべき御いらへも、なれ/\しからぬほどにきこえかはしなどして、みるまゝにいとあいぎやうづき、かほりまさり給へれば、なをさてもえすぐしやるまじくおぼしかへす。さはまた、さてこゝながらかしづきすへて、さるべきおり/\に、はかなくうちしのび、ものをもきこえてなぐさみなむや、かくまだよなれぬほどのわづらはしさこそ心ぐるしくはありけれ、をのづからせきもりつよくとも、ものゝ心しりそめ、いとおしきおもひなくて、わが心も思ひいりなば、しげくともさはらじかし、とおぼしよる、いとけしからぬことなりや。いよ/\心やすからず、思ひわたらむ、くるしからむ。なのめにおもひすぐさむことの、とさまかくさまにもかたきぞ、よづかずむつかしき御かたらいなりける。

東屋

つくばやまをわけみまほしき御心はありながら、は山のしげりまであながちに思いらむも、いと人ぎゝかろ/ヾしうかたはらいたかるべきほどなれば、おぼしはゞかりて、御せうそこをだにえつたへさせ給はず、かのあま君のもとよりぞ、はゝきたのかたに、の給しさまなどたび/\ほのめかしをこせけれど、まめやかに御心とまるべき事とも思はねば、たゞさまでもだづ ねしり給らん事とばかりおかしうおもひて、人の御ほどのたゞ今世にありがたげなるをも、かずならましかばなどぞよろづに思ける。




第十一  戀歌一
題しらず         源重之
筑波山端山繁山しげけれど思ひ入るにはさはらざりけり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 萌... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事