新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 幾返り 藤裏葉

2017-06-22 12:16:00 | 源氏物語和歌

藤裏葉

宰相、盃をもちながら、けしきばかりはいしたてまつり給へるさま、いとよしあり。

幾かへり露けき春をすぐしきてはなのひもとくをりにあふらん

とうの中將にたまへば

たをやめの袖にまがへる藤の花みる人からや色もまさらむ

つぎ/\づんながるめど、ゑひのまぎれにはか/ヾしからで、これよりまさらず。七日の夕づく夜、かげほのからなるに、いけのかゞみのどかにすみわたれり。げに、まだほのかなる木ずゑどものさう/\しき比なるに、いたうけしきばみよこたはれる松のこだかきほどにあらぬに、かゝれる花のさま、よのつねならずおもしろし。


第十一  戀歌一
年を經ていひわたり侍りける女のさすがにけぢかくはあらざりけるに春の末つ方いひ遣はしける
                大中臣能宣朝臣
幾かへり咲き散る花を眺めつつもの思ひ暮らす春に逢ふらむ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 道... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 松... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事