【 TPP 】★第3の開国?



===================================

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■
 ■ 覚える!使える!【生きてる時事用語】    2010.11.01(月)
 ■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 日経新聞の記事から最新の重要キーワードを1日1語選び、わかりやすく
簡潔にまとめて【生きてる時事用語】として紹介します。

===================================




         ☆ 今日の時事用語:【 TPP 】




----------------------------------------------------------------------
 ★第3の開国?
----------------------------------------------------------------------



□■まずは!頭の準備体操━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


───────────────────────────────────

 ◇今日の漢字クイズ◇ 書けますか? 【 きょしんたんかい 】

                            答えは最末尾⇒
───────────────────────────────────

 「(日程を)ゼロに戻して最初から【 きょしんたんかい 】にやってもらわ
  ないと議論に入れない」 ( 補正審議日程について:自民林政調会長 )


                      ( 11/1 日経新聞 2面より )


□■記事抜粋・要点整理━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                      日経新聞 2010.11.01 1面 より
----------------------------------------------------------------------

《 環太平洋協定「交渉に参加」》: 政府のEPA基本方針骨格

----------------------------------------------------------------------

 ◎政府・与党が検討する「経済連携協定(EPA)に関する基本方針」案の
  骨格が判明した。5日の閣議決定を目指す。

 ・環太平洋経済連携協定【 TPP 】について交渉に参加する意向を明示。

 ・これと並んで農業を軸に国内改革の中期計画を作る方針を示す。

 ・有識者会議も設置し、簡易保険や政府調達など非関税障壁の扱いも含めて
  調整する。

 ★農業関係者らの強い反対をふまえ、改革方針とセットでTPPの交渉参加
  へと動く。




----------------------------------------------------------------------




■ 今日の時事用語:【 TPP 】( 環太平洋経済連携協定 )

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◎TPP:環太平洋経済連携協定( Trans Pacific Partnership )

      環太平洋パートナーシップ協定
      環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定 などとも訳される。

 ・シンガポール、チリ、ブルネイ、ニュージーランドのアジア太平洋地域
  4カ国が締結した自由貿易協定(FTA)。

 ・関税をほぼ例外なく撤廃する厳しい取り決めとなっている。

 ・米国のほか、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの5カ国が
  追加加盟を表明し、原加盟4カ国との交渉がスタートしている。

 ★日本が参加できないと「関税」が残り、貿易面で不利益を被る。

 ★ただ参加を表明してもすんなり加盟できるわけではない。参加表明したう
  えで、関係9カ国すべてから交渉参加の同意を取り付ける必要がある。

 ★交渉に参加できれば、多国間の交渉で交易の条件や通商ルールの一致に向
  けて協議することになる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ( ※ 日経新聞 2010.11.01 「きょうのことば」より )
----------------------------------------------------------------------


 ◎FTA:自由貿易協定( Free Trade Agreement )

  ・特定の国・地域が関税などの貿易障壁を相互に撤廃する取り決め。
   関税撤廃を柱とする。


 ◎EPA:経済連携協定( Economic Partnership Agreement )
             
  ・ある国や地域が相互に経済の幅広い分野で連携強化を目指す協定。


 ★TPPは、FTAを多国間で結ぶ枠組み。
  これに対しEPAは原則2国間の協定で、人の移動の自由化や知的財産権
  保護などを含めた広範なFTAといえる。


----------------------------------------------------------------------

 <なぜTPPへの参加を急ぐの?>

 ・チリなど4カ国が始めた自由貿易協定だが、米、豪など5カ国が加わり、
  今春に米中心に拡大・改定の交渉を開始。日本も無視できなくなった。

 ・無視できない理由 → ・この地域で輸出・投資の拡大を狙う米国が主導
             する大経済圏になり得ること。

            ・関税撤廃の例外品目を厳しく絞るほか、知的財産
             権や競争政策なども含む中身の濃い協定となる。

 ・参加国への輸出が関税分だけ不利となり、競争が激しい業界などは生産拠
  点を参加国へ移す可能性もあり、技術の流失・国内雇用損失等の懸念も。

 ・日本と産業の得意分野が重なる韓国は、米欧とのFTA交渉を既に終えて
  おり、米欧との協定がないままでは、日本は韓国と対等に競争できない。

 ・東アジアでの中国の影響力拡大をけん制する効果も。

 ★米政府は来年秋の交渉妥結を目指しており、早く交渉に加わらないと日本
  の主張を反映できなくなる。


   ( ※ 日経新聞 2010.11.01 5面「乗れねば悲惨、TPP交渉」より )
----------------------------------------------------------------------

 <農業・食料安全保障の問題は?>

 ・TPPはほぼ例外なく関税を撤廃するため、農業分野で日本が打撃を受け
  ることが予想される。(農水省の試算では16兆円の損失。各省で隔たり)

 ・政府は、農業を軸に国内改革の中期計画を作る方針。政府が取り組む改革
  や支援策を事前に明らかにし、TPP参加への農家の不安を解消する。

 ・参加後に段階的に進む関税撤廃と合わせ、5~10年を目標年次とする。

 ・具体的には、以下の2点が柱となる。

   ・農地の大規模集約や輸出拡大に向けた支援など国際競争力の強化
   ・農家の所得補償などの生活支援

 ★最大の焦点は農家への補償額。(1993年にコメ市場を部分開放した「ウル
  グアイ・ラウンド」では6兆円を投じたが、公共事業偏重で農業強化にな
  らなかったとの指摘。財政面からも「6兆円超の補償は困難」との声。)

----------------------------------------------------------------------

 ★政府与党は関係各国に積極姿勢を訴え、同時に中期計画策定などで国内の
  反対を抑えたい考え。





□■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒木亮著「エネルギー」講談社文庫(上)読了。

 最近注目の資源エネルギーをめぐる、超リアルな経済小説です。
 読もうと思ったのは、イランのアザデガン油田から日本完全撤退のニュース
 がきっかけでした。エネルギー商戦の最前線って今どんな感じなんだろうと
 いう疑問に、小説という手法でわかりやすく(専門用語はわかりにくいかな
 (^^;))さらに、人間模様の味付けが加わって、非常に興味深い小説になって
 います。(中)に突入。ますます面白くなりそう。





 MASA
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガの情報については万全を期しておりますが、その内容を保証する
ものではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害について
も、補償はいたしかねますので、ご了承ください。

等幅フォントでの閲覧を想定してます。フォントの設定を「MS ゴシック」
「Osaka-等幅」等としていただきますと綺麗にご覧いただけます。
======================================================================
<広告の配信につきまして>

無料メールマガジンは広告収入によって運営されており、弊誌の読者様宛に
スポンサーとのタイアップ企画による号外・広告特集号を、配信させて頂く
場合があります。

みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。
広告内容に対するご判断は、ご自身の責任において行ってください。
======================================================================
★【メルマガ相互紹介】大募集中!:http://form1.fc2.com/form/?id=184150
■ご意見・ご感想・お問合わせ: jijiyougo@goo.jp
■WEBサイト: http://blog.goo.ne.jp/jijiyougo/
■発行:MASA(平日ほぼ日刊)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------------
覚える!使える!【生きてる時事用語】
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら: http://www.mag2.com/m/0000224593.html
----------------------------------------------------------------------

◎覚える!使える!【生きてる時事用語】のバックナンバー
⇒ http://archive.mag2.com/0000224593/index.html
----------------------------------------------------------------------




(裏)第1の開国は1867年の明治維新。第2の開国は1945年の第2次大戦敗戦
   後の復興過程。さて、今回の「第3の開国」はどう転ぶのでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご感想をコチラからも頂けるとうれしいです!

 「まぐまぐ読者さんの本棚」 → http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【漢字クイズの答え】虚心坦懐

          何のわだかまりもないすなおな心で物事にのぞむこと。

          【 虚心 】心に先入観やわだかまりがなく、
               ありのままを素直に受け入れることのできる心
          【 坦懐 】わだかまりがなく、さっぱりとした心。





.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ   
 
 
<script type="text/javascript" src="http://x6.koiwazurai.com/ufo/080822700"></script> <noscript>
エンゲージリング 人材派遣</noscript>