a welcome rain

2010年夏にうまれた娘の日々と成長

幼稚園ロス

2017年05月19日 | 小学校

 

 

GWの始まる直前に

幼稚園から卒園式の様子を編集したDVDが届きました。

懐かしいねぇ〜!と

みんなで見ていたら

園の歌を合唱する場面から

ジジが涙をこらえてうつむき始め、

最後のほうで先生達が登場し

卒園生へのメッセージを伝えるシーンで

とうとう

わんわんと大声で泣き出してしまいました。

 

それから2週間ほど経った昨日

ジジの描いた絵には

大好きだった幼稚園の先生。

先生の横には

「ジジちゃんだいすきよ」

と書いてありました。

「どうして今頃幼稚園の先生を描いたの?」

と聞くと

「いつもこういうふうに言ってくれてたから」

と。

 

ジジは毎日楽しそうに学校へ登校しています。

担任の先生はベテランで在校生からの評判がよく

授業参観で見ていても

教え方や生徒への接し方がとても上手です。

私達の時代とは比べ物にならないくらい

きめ細やかな配慮と優しい対応には驚くほど。

それでも、小学校に上がると

出来ないことも含めてあたたかく見守ってくれた幼稚園とは

要求されるレベルが一段上がります。

学校から明言はされていませんが、

普通級に在籍している限り

「病気の特性を考慮してほしい」

なんて

間違っても言えません。

親から見ると、

毎日健常児の中で頑張るジジの様子には

尊敬の念すら覚えるくらいですが

どうしても動作が遅くてみんなを待たせてしまう時や

先生やお友達から厳しい言葉をかけられて

むくれて固まってしまう時があるかもしれません。

地元保育園出身のお友達とは

最初は仲間に入れず寂しそうな時もありました。

こういう事はこれからジジが

必ず乗り越えなければいけない大きな階段です。

ジジの全てを受け止めてくれた幼稚園の先生の優しさをずっと胸にしまって

辛くなると時々取り出して

思い出に包まれているのかもね。

 

 

 

 

花をつんだり梅の実をひろったり

数歩歩いては寄り道しまくるので

最近帰ってくるのに小1時間かかります(*_*)

今も姿が見えてからすでに10分経過…

うちはすぐそこだよー‼︎

 

 

 にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日に。 | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛されている妻)
2017-05-20 16:22:41
読んでても切なくなっちゃった。
そっか〜。
病気の特性を...なんて言えない雰囲気なんだ...
頑張るしかないんだ。
ジジちゃん...泣いちゃったんだ...
だけど、前を向くしかないもんね。
ジジちゃん、ジジママさん、頑張れ〜〜!!!
★愛されている妻さま (ジジママ)
2017-05-20 21:18:48
妻さんまで切ない気持ちにさせてしまってすみません(>_<)!
「小学校楽しい♪」と
毎日元気に通っているんですが
きっとDVDを観て里心がついちゃったんですね。

はい、
普通のことが出来るのを前提とした「普通級」なので
就学相談の時も遠回しに念を押された気がします(^^;;
親の私もまだ毎日気を張ってるので
時々無性に幼稚園が恋しくなるくらい…
でもでも
ここは親子で前進あるのみですね‼︎
ガンバりま〜す٩( 'ω' )و

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。