お祭りの心地よい経験

情熱的な出来事を書いている日記だよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まずバイナリーオプション・・・

2016-09-18 21:32:20 | 日記
まいど!まずバイナリーオプションの攻略法はトレンドの流れに沿ったポジションを取ることです。上昇トレンドの状況ならコールのみ、下落トレンドの状態ならプットだけを買います。トレンド状況に逆らってしまうと勝率が下がってしまいます。トレンド系指標を有効に使用すると現在の相場のトレンド状況が上昇なのか下落なのかの判断に便利です。オススメは、財宝の水ですよ!

外貨預金とFXとの違いというものに、レバレッジや元本保証の利用などが挙げられます。外貨預金は銀行に預けるお金ですから、基本的には元本の保証はされるようになってます。FXではレバレッジを使うことができ、手持ち資金の数十倍以上の金額で運用することができますが、反対に、大きな損失が生じてしまうこともあるので、ハイリスクにもなるのです。FXでは投資家の損失額が膨らみすぎないように、一定の割合を超えた損失が発生すると強制ロスカットするシステムを用いています。相場が激しく動いていたり、翌日や週明けに大きな窓を開けて市場が開くと必要証拠金の維持率を大きく下回ってしまい、証拠金を超過する損失が生じる場合があります。

FX取引について経験のある方はロスカットというのがどれほどトレーダーを救うものかを感覚的に知っているはずです。そんな人でもFX取引を始めてまもない時は、ロスカットがいやでだんだんと損失が大きくなってしまったというような経験があったのではないかと考えます。


FXでは差金決済で、その日の内は何回でも取引できることを利用してスキャルピングというやり方を使うことができます。この手法では、一回の取引の利益は少ないものですが、取引の回数を増やして少量の利益を積み重ねていくのが普通です。利益確定や損切のpipsも元から決めておきます。

FX業者に売りや買いの注文を出した場合、必ず成立するものだと思う人もいるのではないでしょうか。でも、約定力が高くないFX業者の場合、一度に注文が集中した時に、システムが耐え切れなくなって、約定が完了できなくなったり、システムがストップすることもあります。損益の変動が大きいですから、FX業者の約定力はとても重要です。それでは、有難うございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事を変えたいと思ったと… | トップ | 結婚を機会に、それまで乗・・・ »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。