おかめ、いきまーす

介護は高齢の親3人、母と父を見送りました。半世紀生きてきて、これからも生きていく自分の記録。

再度

2016年10月15日 | 夫の母親
昨日義母訪問の際、夏物と冬物入れ替えて

色々お世話をしたためか、電話のターゲットが今日は私。

今日は帰宅したのが9時ごろ、ヘトヘトで義母のメッセージが恐怖。



留守電のメッセージ

「どうして電話くれないんですか?」

(なんか用事あったっけ?)

「昨日本当は(訪問医だった)Y先生のところに連れて行って欲しかったんですけど。」

(え、そうなん?)

「足の裏がかさかさで、水虫の薬もないのよね。」

(ケアハウスの内科医だって出せる一般的な薬だけど、もらってないの?)

「爪だって巻き爪だから切って欲しいし。」

(看護師さんに言ったら切ってくれるはずなんだけどなー。)

「どうして電話出ないの、早く電話下さい。」

(もう寝てるだろうなぁ)



月末に義母のケアハウスの支払いがある。

今月も夫は生活費をくれない。

逆に支払いを手伝わないと足りないかもしれない。

でももう出来ない。

何故義妹は無視を決め込んでいるのか?

もううざいうざいうざい。

勤務中にもケアマネさんから電話来てた。

なんとなく義母がケアマネさんにない事ない事言っているみたい。

私が多分悪者になっているんだろう。

一度行くとしつこいから、当分行かないでおこうかな。



留守電、夫に聞かそうかと思ってたんだけど

手が勝手に即消去してたみたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒声 | トップ | 連絡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夫の母親」カテゴリの最新記事