ゆっくりのんびり行きましょう♪

猫・薔薇・珈琲・紅茶・アロマ…
可愛いもの 美しいもの 素敵な香り
沢山の~大好き~を日々楽しみ味わいましょう

お買い物学講座~隠すことをやめる!

2017年06月17日 | 講座&セッション受講
さて。金曜日の続きです。

美味しいランチの後は、いよいよお買い物。

マダム陽子さんの講座は、コーチングだったり、お買い物だったり、
その時々で内容は異なりますが、この日はいよいよ「お洋服」のお買い物です。
(文中の写真はすべて陽子さんが撮られたものをお借りしました)

お目当てのお店に行く前に…。
陽子さんにバッグを取り上げられ(笑)マイメロディちゃんと同じポーズでパチリ。
恥ずかしいー!と言いながらも、結構楽しかったりして(^^♪

ちなみに、お隣にはマイメロちゃんと同じ大きさのキティちゃんがいて、
大柄な外国人のオジサンたちが写真撮影していました。




その後、お店に行き、あれこれ試着。

基本ですが、服ってやっぱり袖を通してみないとわかりませんね。
身幅や着丈、もちろん顔うつりなども…。

そして、ワンピースと、カットソーを購入しました💕



写真のレース地がワンピース。
ローウエストで、裾部分はフリルになっているのですが、
着た時のラインが綺麗で子供っぽくないのです。

カットソーは、身頃部分はコットンなので肌触りが良く、
袖の部分は少し光沢があるオーガンジーでリボンがポイントに。
白いデニムにパールのネックレスを合わせて着てもいいわね、と陽子さん🎵


大満足のお買い物を終えて…陽子さんとお茶。




写真のキラキラブレスレットも、この日にあらたに加わりました✨
長袖が苦手で、1年を通して5分袖&7分袖が多いので手首にポイントが欲しかったんです。







そして、実は。

今回のお買い物学講座。私はあることを決めてこの日を迎えました。


「紫斑性色素性苔癬様皮膚炎」


長い名前ですが、私が長年つきあっている病気です。

簡単に言うと、普通の生活をしていても、下肢の毛細血管から出血してしまい、
その後、皮膚表面に強い赤味が浮き出てきます。
ジワジワと時間をかけて色と症状が変わり、時に痒みも伴う慢性炎症性細胞浸潤と出血。

むくみも非常に出やすく、一時期は毎晩寝る前に夫がマッサージしてくれた事も。

その赤味を隠す為に、ストッキングは常に黒しか着用していませんでした。
もしくは、ジーンズやパンツで、脚の露出を避けていました。
人の目が気になりましたし、見た目も汚いのでは…という気持ちもあって。

でも。

陽子さんに背中を押していただいて、思い切ってナチュラルストッキングを履きました!
約10年ぶりぐらいでしょうか…。

ビフォー、アフターです。



私にとっては、とても勇気がいりましたが、何だか清々しい気持ちでした。

とても珍しい病気なので「何で私がこんな目に合わなきゃいけないのよ!」と、
ずーっと自分の脚に対して怒りを持ち続けていました。


いや…もしかすると、
脚の症状を通して、ある人物に対する恨みつらみを抱えていたのかもしれません。


隠すことをやめた時、その気持ちがスーッとほどけてラクになりました。
同時に、脚に対して「ごめんね、これから隠さずにいこうね」という思いに。


お買い物学講座を続けている中で「価値ある自分」を自然に受け入れられるようになり、
その流れに自然に乗って、今回「隠すことをやめる」ことが出来ました。

帰りの電車の中。
素敵なお洋服とブレスレットに巡り会えた嬉しさと同時に、今まで以上に、
とても穏やかなあたたかい気持ちで満たされていることに幸せだなぁとニッコリ(*^_^*)

陽子さんが背中を押してくださったおかげです。
本当に、ありがとうございました💕

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレッツカフェクレープリー | トップ | ひとりでいても・・・フンワリ💕 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
表に出る人生へ♡ (マダム陽子)
2017-06-17 23:04:42
あゆみ姫さま♡

隠れる人生から表に出る人生へようこそ♡

太陽さんも平気になる日が来そうな気が致します^^
嬉しいです♡ (AYUMI)
2017-06-17 23:16:01
陽子様

ありがとうございます(*^_^*)

陽子さんのコメントを読んで、思わずウルッと涙が。
ずい分長い間、隠れていたし、自分を閉じ込めていました。
無理やり解放、ではなく。
本当に優しく自然な形で、表に一歩出ることが出来ました。
これからが、楽しみです✨

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む