そよ風の向こうに~

横浜市自死遺族の集い「そよ風」に参加していましたが、2013年4月にセルフヘルプグループを設立して月1回語り合っています

開催日(詳細はclickしてご覧下さい)

眠り

2015-11-30 22:59:53 | 雑感
今夜からよく眠れるようになる8つの睡眠ハック

ああ~、これ全然出来てない

寝る直前までパソコン使っていて、尚且つ、寝床でスマホやったり

メールは書いたりしないけれど、SNS閲覧したりしてます

眠れないから、思い切って起きることは滅多にしない

眠れないと思っていても、気がついたら眠りに落ちていたということもあるからね

亡くなった彼が不眠に悩んでいた時、「眠れなくても体を休めるために横になっていた方がいい」と決まった時間は寝床にいるように そう私は言った

ごめんね

間違っていたね

眠れないのに、寝床にいるのはつらいよね いろいろネガティブなこと考えるよね

素人の浅はかさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

嫌いな時間

2015-11-29 22:49:39 | おひとりさま
寝る前の時間が嫌いだ

起きている間はテレビをつけたりして、うるさくない程度の賑やかさ

消して寝室に行き、寝床に入る

シーンとした空間が嫌でCDをかけていた時もあった

約1時間のCDが終わっても、寝付けない時もある

今はかけていないけれど、またかけて寝ようか

ひとりは寂しい

ひとりは悲しい

今はまだいいけれど、5年後も、10年後も、ひとりなのだろう

怖い

寂しいとか、悲しいとかの感情よりも、最近、恐怖が襲ってくることがある

どうしようもなく、ひとりでこれから何十年も生きていくことに、恐怖を感じる

寂しいとか、悲しいとかの感情のみの方が楽だった

それを考えるとますます眠りから遠のく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの感じ方

2015-11-28 22:00:47 | 自死遺族
幸せってその人の感じ方次第

他人から見て幸せだと思える状況でも、本人が不幸だと思えば不幸

他人から見て不幸だと思える状況でも、本人が幸せだと思うば幸せ

だから、信仰が成り立つのだろう

子供が亡くなったから不幸だ

亡くなってから一度も幸せだと思ったことがない

そういう人がいる

その人にとって現在生きている子供は、自分を幸せにしないのだろうか?

もし私が、その人の子供だったら、自分が生きていることは親を幸せにしないのだと知って、不幸になるだろうなと思った

子供を亡くした不幸と、子供が生きている幸せ

そのふたつを持って生きて、そのふたつを揺れ動く

それが親というものだと私に語ってくれた人がいた

親はこの思いを一生抱えて生きていく
でも、今、生きている子供には「きょうだい」の死を背負って生きてほしくはない
そう語ってくれた人もいた

亡くなった人の分まで幸せになってほしい それが親の願いだと

配偶者を亡くした人も同じことを言っていた 子供には背負わずに幸せになってほしいと

でも、親はそう願っても背負ってしまうものかもしれませんが

そして、私も幸せにならなくてはいけない それが彼の最期の願いだから

幸せの基準はさまざま 価値観次第

健康であることも、また幸せのひとつだ

今年は身近で闘病生活を送っている人がいるから、思うように体を動かせるって、すごく幸せなことだなと思う そして、ご飯が食べられる

100%の幸せなんてありえない だって、100%だったら、それが当たり前で幸せなんて感じないから 欠けた部分があるからこそ、感じる今の幸せ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

見切り

2015-11-27 23:04:31 | 雑感
ひとりで寂しいと、ぴーぴー泣くことが多いけれど

私って結構、逞しいのかも?と思うことも

まぁ、そうじゃないとこの8年、ひとりでは生きてこられなかったよね(正確にはまだ8年じゃないけど

4月に入った英語サークル ここでは何年いようと上達しない 単なる仲良し会

見切りをつけることにしました

今日、新しいところに見学に行ってきました

そして、数時間考えて、入会してきました

また後日にしちゃうと、いろいろ考えて躊躇してしまうので、ここは決めよう

サークルに支払う額とは桁が違うのですが、英会話学校よりはお安いです

英語サークルは、ちょっと嫌なことがあって・・・それを打ち明ける人がいない

世話役の人も長い物には巻かれるタイプ 参加するしないは個人の自由だから、我関せず 見て見ぬふりを決め込む

だから、参加すればするほど、不満がお腹に溜まっていくようで 不機嫌な顔になる 閉塞感で息が詰まりそう 

ふと、亡くなった彼もこんな気持ちを抱いていたのかな? と思った

もちろん比べものにはならないけれど、最初はこんな感じからスタートしたのかな?

話して解決すればいいと他人は言うだろうし、私も言った

でも、話せる土壌がなければ、人は貝のように口を閉ざす 今回、体験してよくわかった

ああ、ここにいる必要はもうないな

出来ないからフェードアウトするのは、負けず嫌いの私は我慢できない

だから、次を探した

ステップアップのためフェードアウト

来週、忘年会 会費払ったから行くけど、最後のお付き合い

ステップアップの場が決まったから、笑顔で

今まで、鬱々していたのを吹っ切るぞ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

冬到来

2015-11-26 22:37:49 | おひとりさま
急に寒くなりましたね

昨日からホットカーペット使ってます

ファンヒーターも出しました

そうしたら、急に1月に亡くなった猫のことを思い出し、胸がキュッとしました

若かった頃は床からジャンプして高い場所にあるお気に入りの寝床に上っていましたが 年齢がいってからは、ファンヒータの上に上ってからジャンプしていました
だから、ファンヒーターの上にその名残がたくさんあります

亡くなる半月前にはファンヒーターの上に上っても、ジャンプ出来なくなっていた

ホットカーペットも私がちょっと別の場所に行って戻ってくると、私の座ってた場所を占領していた いつもいつも場所の取り合い

夏は暑いから私の傍にいなかったけれど、冬はいつも家にいる時は隣にいたよね

ああ~~、もう君はいないんだね

本当にもう私はひとりぼっちなんだね

寒くなったら、心の寒さまで改めて気がついた

寒いね

冬眠できたらいいな

冬眠したいな

目が覚めたら春 そうだったらいいのに


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加