そよ風の向こうに~

横浜市自死遺族の集い「そよ風」に参加していましたが、2013年4月にセルフヘルプグループを設立して月1回語り合っています

開催日(詳細はclickしてご覧下さい)

既成概念

2015-08-31 17:59:15 | 自死遺族
学校の記事にコメントを頂戴しました

ただ、私の記事はコメントする意味もないそうで・・・

私は「学校に行かなくてもいい」というのは簡単だけど、その後、どうするの?って思うのです 少しの間なら学力は低下しないかもしれないけど、長期間になったら、その後の進路も希望通りにはならないかもしれない

私は今、通信制の大学生 基本、家で勉強です
私の通っていた高校には定時制はあったけれど通信制はなかった
でも、定時制や通信制って、全日制に比べて社会的地位が軽んじられていると思うのですが みんな全日制に進学するのが当たり前って風潮だから

今時、有名な塾や英会話スクールはオンライン授業がある

学校だってオンラインがあればいいのにと思う

通学かオンラインか選択出来るとかね

体育などの実習科目は通学だけど、講義を聞く科目は教室という空間にいる意味あるのかな? 中には毎年同じことしか話さない教師もいますし

「学校、行きたくなかったら、オンラインを選択すれば?」なんて会話が出来るようになればいいのにと思う 選択肢は多い方がいい
それよりも「学校、わざわざ通ってんの?ダッセー」なんてね

そんな夢みたいな話って人はいうかもしれないけれど、今じゃ小学生でも持っている携帯電話 私の子供の頃なんて未来の漫画の中の持ち物だった 

今の学校に通う意味、ある?

学校は学問をするだけでなく、人との交わりの中で社会性を身につけていく場でもあり、それもまた大事な勉強だと思っているけれど、その役割がどうも機能しなさ過ぎ
そういう勉強が出来ないのであれば、行く意味がないと私は思っている

学問だけなら、毎日毎日通わなくても、オンライン授業で自宅のパソコンで十分じゃない
おまけに義務教育は通っていなくても自動的に卒業 学校のシステム自体がもう時代にあっていなくて、形骸化していると思う

インターネットにどっぷり漬かっている世代が、普通にアナログの学校というものに通っていることに、最近、違和感を感じています

学校は建物があって、そこに毎日通う その枠組みは取り崩せばいいのになと思っています



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

学校

2015-08-30 22:49:18 | 自死遺族
<仙台いじめ自殺>「本当のこと知りたい」

<仙台いじめ自殺>生徒ら「何を信じたら」

学校もオンライン授業になれば、基本、家で勉強
部活とかやりたい人は、決まった時間に集合して行う

そんな時代が来ないかな?

会議などは東京と大阪、離れていてもオンラインで出来る

学校のあり方自体を根本的に変える時が何れ来るかもしれない

そうすれば通学途中に暴走車が突っ込んで来て・・・という大惨事などはなくなるだろう(学校に通わないのだから

もっともそうなると、子供が昼間家にいるわけで、働いている親が困る
学校に行っているから、低学年の子供がいる親でも安心して働ける

しかも学校は勉強だけを教えているわけではない
勉強だけなら、家でオンライン授業で事足りるが、学校の役割はそれだけではないだろう

社会に出て生きていくために必要な、集団の中での人との関わり方などを学ぶ場でもあると思う そのために週2回くらい登校するシステムがあればいいんじゃない

いじめの被害にあっていたら「学校に行かなくてもいいんだ」という人がいるけれど、今の社会、行かないことは落ちこぼれになりかねない 授業を受ける権利を行使できない おかしいよね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

遺族の意向

2015-08-29 20:38:34 | 自死遺族
<仙台いじめ自殺>学校「彼は転校」と虚偽説明か

仙台中1自殺少年を学校側「転校した」 「遺族に配慮し説明」と釈明

<仙台いじめ自殺>転校説明は「遺族の意向」

「遺族の意向」ってどこまで優先されるもの? ってこのニュースを見た時に思った

この場合、遺族の意向をこれ幸いに、学校側が責任回避をしたように思えなくもないけれど

遺族が自殺したことは絶対に口外しないでほしいと言ったら、学校側は生徒や保護者に何て言えばいいのだろうか?

大事な子供を託している保護者からすれば、そんな大事なことを隠されていては安心して子供を預けられないという思いが湧くであろうし・・・
再発防止にはみんなで取り組まなければならないけれど、それもままならない

遺族の意向を蔑ろにしても、今後のために生徒・保護者に伝えるべきか?

「遺族支援は遺族が嫌だということをしないこと」と言う自死遺族の活動家がいるが、それは合っているようで違っていると思う

何が何でも、どんな時でも、遺族の思いが最優先されるわけではないと考えている


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

自棄酒

2015-08-28 21:27:20 | おひとりさま
私の楽しみにしていたことがボツになりました

まず、今日がダメになり その埋め合わせをするはずだった月曜日もダメになり 



久しぶりの楽しみだったので、結構、テンション上がっていた分、落ち込みが酷い

最低最悪のつまらない夏が終わる

そして最低最悪のつまらない秋の始まり

秋になったら・・・そう思って春先から頑張ってきたけれど、そうではないようで

馬の鼻先に人参ぶらさげて走らされているようなもの 話が違うじゃん そう怒っても仕方がない

そもそも私は部外者だから、一方的に結果を知らされるだけ

私の意見は求めれないし、発言する場のない

そんなことはよくわかっている わかっているけど、

ああ~、おもしろくない

これが飲まずにいられるか



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

図書館に行こう

2015-08-27 22:29:00 | 自死遺族
学校死ぬほどつらい子は図書館へ… 司書のツイート拡散

このニュースをテレビで知り、ほっこりした

自殺予防の上から目線の押し付けがましいコピーよりずっと心に響いた

だからこそ、多くの人が拡散したんだと思う

ただ気になることが・・・あの~学校もう始まっているんですけど

鎌倉は3学期制なのかな? こちらは前期・後期なので、26日、昨日からです

近隣の市といえ、違いますね

私もつらくなったら図書館に行ってみようかな?

もっとも山の上にあるので、上り坂が結構大変ですが


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加