そよ風の向こうに~

横浜市自死遺族の集い「そよ風」に参加していましたが、2013年4月にセルフヘルプグループを設立して月1回語り合っています

開催日(詳細はclickしてご覧下さい)

他人の手

2017-06-13 22:01:42 | 自死遺族
生きている限り、日々変化することは避けられない 人は生きている限りは老化する

今はおひとりさまで生活が出来ている 日常のことも全て自分ひとりでやっている

先日、電球を交換した そんな時、独居の高齢者はどうしているのだろう?と思う 以前、お風呂場の照明が切れて、1ヶ月間、暗い中、お風呂に入っていたという話を聞いた 息子さんが来た時、変えて貰ったそうで

しかし、私には1ヶ月待っても変えてくれる息子も娘もいない

いずれ他人の手を借りる日が来る

最近、民家の中に「デイサービス」「グループホーム」の看板を見ることが多い

最終的には将来、そういうところのお世話になると思います

たいがい、そこでは利用者同士で家族の話とか出ますね

「うちの息子は」「うちの娘は」「うちの孫は」

ア、ハ、ハ このての話はずっとついてまわりますね

自死遺族の中は、そういう話が嫌、耐えられないから他人とは関わりをもたないという方もいらっしゃいますが、私にはそんな選択肢はありません

おひとりさまは、いざとなったら他人の手助けが必要ですから
家族をデイサービスに行かせたくても、本人が他人を拒んで通わせるまでに一苦労という話はよく聞きます おひとりさまには説得してくれる家族はいませんからね

私は日常生活でいろんなところに顔を出し、家族の話の洗礼を浴びて来ました

おかげで今では聞き流す術を身につけました(笑)

それでも、時々、家に帰ってから、寂しくて涙することもありますが、それもまた致し方ないことでしょう




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー

2017-06-03 09:09:24 | はじめに
カレンダー作りました
今年度(来年3月まで)は部屋を借りる日が決まっているので全て載せました
詳細はclickしてご覧下さい

ただ、これ、パソコンからしか見られないんですよね
スマホやタブレットはパソコンサイトの表示にすれば見られますけど

祝日の時は変則になるので、お久しぶりの人は勘違いしたりするので、これで確認して下さい

初めましての方もどうぞ

ついでにテンプレート変えました 気分転換

が、テンプレートの幅が合わず、詳細がきちんと表示されないというご指摘が

で、また変えました 今度は大丈夫です ご迷惑おかけしました


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

甦る思い

2017-06-01 23:41:44 | 自死遺族
もう自分の中では過去のこと

もう浄化されたことだと思っていたけれど

悔しい気持ちが 当時の感情が甦ってきた

自死遺族が他の自死遺族を貶める

そんな目にあった時、自死遺族同士だから労わりあえる 支え合えると思うのは幻想だと気がついた

そうできるかどうかは結局はその人の人間性なんだよね

自死遺族じゃないとわからないことはあるが、それが全てではない

それを思い知った4年前


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あの人はいま

2017-05-30 16:38:00 | 自死遺族
今日のニュースで自殺者の人数は減っているけれど 若年層(39歳まで)では死因の第1位だと

いったいこの国の自殺対策はどうなっているんだ

私もかつては活動している団体にいたけれど、そこを離れて4年

そのへんの事情は、とんと疎くなりました

まぁ、補助金を巡る問題とか グリーフケアに対する無知とか いい加減、嫌になったのですが

私はこの4年勉強して卒業もして(再入学してますが)物の考え方が随分変わりました

「自死遺族 ○○」で検索しているうちに、かつて一緒に活動していた方の映像が

その人の話を聞き、「ああ~この人、4年経っても何も変わらないな」と落胆

でも、とりあえず元気でよかった 気がついたら表舞台から名前が消えていたので亡くなったのかと思った(お若くないので)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク

2017-05-05 16:07:32 | 自死遺族
世間はゴールデンウィーク

遺族になった当初は、世間がウキウキ 華やいでいるこの期間がなんとも居心地が悪く

自分だけ世間から取り残された気分

それまでは、何処行こうか? 何しようか?と彼と相談して楽しみにしていたものが
ある日、突然、その相手がいなくなり

この時期、外に出て、カップルや家族連れを目にするのがつらかったから、家に引きこもり

今もこの時期は家にいることの方が多いです

でも、そういう方達を見るのがつらいというより、何も好き好んで混んでる時に行かなくても という思いです

自分の置かれた環境の中で、工夫して、不満もたくさんあるけれど 少しでも快適に過ごせるように

自分で何かをしない限り、何も変わらない

子供なら、大人が変えてくれるのを待つしかないということもあるけれど
大人だから、自分で

9年、ひとりで世間の荒波泳いできたら、ずいぶん逞しくなりました

渋滞のニュースを見ながら、ああ~ご苦労様 と思う反面、あれはあれで今となっては楽しかったなと


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加