地粉の店 やどり木のつれづれ日記

岩手県奥州市水沢区大鐘町1-3-2
Open 6:00~12:00
定休日 日.水.第3火(不定休あり)

Oh!Shun 6月号

2015-05-31 21:10:37 | 日記
Oh!Shun 6月号に掲載していただきました。

Oh!Shunさん、ありがとうございます。





今回は
「パンが好き vol4」
ということで、あちらこちらのパン屋さんが特集されています♪

おいしそうです。(^-^)
お腹をすかせて、パン屋さんのはしごも楽しそう♪


お店にたくさんありますので、どうぞお持ちになってくださいね。(^_-)

と、いうわけで新商品のお知らせも紙上にてアップ!!
明日から新商品が並びます。(開店の10時にはまだないかも・・・?11時頃には焼き上がっていると思います。)


6月のやどり木もよろしくお願いします。(^O^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月のカレンダー

2015-05-30 13:59:00 | カレンダー
6月のカレンダーです。



第3週目が変則です。
14(日)・・・営業
15(月)~(水)・・・臨時休業および定休日

そして、近日中にお知らせしますが
6月のワークショップは6/28(日)に開催します。
内容は何かな潤オ?
お楽しみに☆

さらに、少し先ですが
7/12(日)はクラフターズ・マーケットに出店します。
今回は日曜のみの出店です。

6月もよろしくお願いします。(^ー^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うれしいこと

2015-05-29 22:00:46 | 日記
ここ数日のめくるめく、日々―

きっと神様が介在(いえ、すべてのことは神様もしくは、そんなような存在が介在していますけれどね)しているとしか
思えない、いろんなものたち。

昨日、ブログを3本書いて
一気に力尽きて寝てしまったその頃
メールが届いていました。

”やどり木は「森」なんです”


そして、先日は別の方からのメッセージ。

”(やどり木は)私にとってのかもめ食堂なんだってことに気付いちゃいました!”


やどり木が誰かの心にこんなふうに響いていると思うと
うれしくて涙ぐんでしまう店主なのでした。

店主さえも操作しようのない何かが動いていて
ここを必要としてくれているみんなを癒している
そう思うと嬉しいのです。

先日は宮古のハーブ園の古舘さんがブログを見て(ご自分のハーブティーが載っていたので)
感激して電話をかけてきてくれました。
冬の間、少々ふさぎこみ気味だったと聞いていたので
喜んでくれただけでも私は嬉しくて
やどり木が存在することがたったひとりの誰かでも笑顔になってくれたら
それだけで意義はあるんだな、と思い始めていたところだったので
ここ数日の新たなお言葉をとてもとてもうれしく思いました。


人は人と出会うことでしか成長できない

と思っていましたが、本当に人との出会いがいろんなことを
感じさせて勉強させてくれますね。


店主だけれど、言っちゃいます。

”あ~ やどり木があって、よかったぁ~”




明日もみなさまのご来店を心よりお待ちしております。(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来たーっ! また、ミラクル☆

2015-05-28 19:32:18 | 日記
昨日のワークショップの後の、今日。

何だか、”今日はどんなミラクルが起きるかな~”なんて
思う朝だったのですが・・・


時々来て下さるお客様がご来店。
ギフトなんかもご注文くださる方で、今日は散歩の帰りとか。
お会計の後にハーブティーに気付かれ
説明をしたところ
「あら、じゃぁ一緒に飲みましょう♪」
なんて、ごちそうになっていました。(←飲み屋さんみたいね)

そこへ―
先日まで入院していたはずの方がご来店。
(入院の話になると先出のお客さまも似たような体験をされていたようで
そんなお話を・・・)

入院生活で食べられなかったやどり木パンを、と
いらしていただいたのですが
お目当ての香ばしあんぱんは売り切れ・・・

すると、あのお客さまが
「あら、退院祝いに私が買ったものをプレゼントする」
とあんぱんを1個、プレゼントなさいました。

優しいなぁ~としみじみ・・・。

その後、別のお客さま(ハーブティーを紹介してくれた方・通称:やまんばさん)がご来店。
”そうだ!”と
ハーブティーを飲んでいるお客さまに
「この方が、このハーブティーを紹介してくれたんですよ」
と紹介。
「あら、じゃあ、あなたも飲んで」
とハーブティーを。


そして、次はやまんばさんがハーブティーを飲みながらパンを食べていると
いらしたのは、コーヒー屋さんとそのお友達。

ちらっと確認しつつも両者に面識はない様子。
でも、似た次元にいる方々だ、と思い
それぞれを紹介しました。
ら・・・→→→詳しくは別記事で。

その後もこの方々と別々にお知り合いのご夫婦がこのタイミングでご来店され
(いや~ もう、ここまでくると笑えてきます)
なぜかみんなで記念撮影―(お店の中です←(笑))

で、みんなそれぞれに
「あら、そしたらあげたいものがある」
なんて、物々交換会の様相。

私は”Kマートさんへの配達もあるんだけれど、とってもじゃないけれど
これ、おもしろすぎる!!”と
どのみちすぐには行けそうにないのでこそっと電話連絡をしたりして・・・(Kマートさんとそのお客様、ごめんなさいっ!その代わり、魔法がかかっています♪)


コーヒー屋さんとそのお友達はその後、(私もよく行く)神社へ行くという。
その後にいらしたご夫婦も神社へ行くという。
実はその直前に(たぶん)ランチしていたあのお店でお会いしていたようで
コーヒー屋さんは”ご夫婦も一緒に神社へ行きたい”と思っていて
でもそこではそんな雰囲気ではなくて
一呼吸おきに(?)やどり木へ寄っていたら
結局、そんな感じになって・・・(ふふふ・・・)

そして、ご夫婦は(お花屋さん)ラベンダーの苗を下さったのですが
コーヒー屋さんとやまんばさんと私に、1個ずつ。
「1個じゃないな~と思ったんだよ(車に積み込む時の話だと思います)」と。
3つ用意したら、3組のあげたい人に出会った♪という感じ? (ふふふ・・・)


Sさん、ありがとうございます!!


ついでにその神社ミラクルの話を私もしましたら
コーヒー屋さんのお知り合いの方もミラクルが起きたということで
今回初めて行くという。。。

あ~~ おもしろい!!

そして閉店後、やまんばさんからいただいたある講演会のCDを聞き始めたら
いきなり「縁」についてお話しているではありませんか!!

本当、ご縁がすべてというほどに
今日は印象深い1日でした。

ちなみにコーヒー屋さんとは、この時の方→→→♪♪♪


今日もすばらしい1日です!
明日もみなさまのご来店を心よりお待ちしております。(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある少女の物語

2015-05-28 18:34:59 | 日記
あるところに少女がいました。

彼女には大好きな絵がありました。

よく行く喫茶店の壁にその絵はありました。
”いつか、この絵を描いた人に会いたいなぁ”
そう思って通ううち
その喫茶店のマスターのところへ
お嫁にいっていました。


それから、数十年後―

やまんばのようにあちこちかけめぐる
元気な女性が
やどり木という小さなパン屋にやってくるようになりました。

ある日、やまんばがやってくると
その小さなパン屋には先客がいて
ゆったりハーブティーを飲んでいました。

そのハーブティーはやまんばの紹介で
このパン屋にやってきたもの。

”そうだ!”
と店主はハーブティーを飲んでいたお客さまに
やまんばを紹介しました。

「おいしい」
「おいしいと言ってくれてうれしい」

そこにはやさしい時間が流れていました。

その後、ハーブティーのお客さまは帰り
やまんばと店主が話をしていると
入ってきたのはコーヒー屋さんとそのお友達。

店主、”ピンっ!”ときて
それぞれを紹介しました。

するとやはりお互いのことをなんとなく知っている間柄。

話をしていると色々なキーワードが
あんな記憶、こんな記憶を思い出させます。

お互いの記憶を手繰り寄せながら話していると・・・

”えっ!?”
と、びっくりした声。
そこにいたのは昔の少女―。(現・やまんば)

なんと、コーヒー屋さんと一緒に来たお友達は
少女が大好きだった絵を描いた人の
奥さまだったのです!!

その奥さまは喫茶店がある頃から
何度もやまんばの家の近くを通っていたのですが
今まで出会うこともなく・・・

山もない、町はずれにぽつんと宿った
”やどり木”

山から下りてきたやまんばは
そこで
少女だった頃に恋をしていた絵と
運命の再会を果たしたのでした。

HAPPY HAPPY♪



今日のお昼ごはんを家まで待ち切れずに立ち寄った
小さなパン屋で起きた
神様のいたずらみたいな
必然の出会い―
「縁」

流れや本能やなすがままに生きていると
こんなことしか
起こりませんよね。

ミラクルを見させていただき、ありがとうございます。(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加