地粉の店 やどり木のつれづれ日記

岩手県奥州市水沢区大鐘町1-3-2
Open 6:00~12:00
定休日 日.水.第3火(不定休あり)

開運☆黄金山神社

2017-06-14 11:58:38 | 日記
こんにちは。

心と体を健やかに―
岩手・奥州水沢の小さなパン屋「やどり木」の
店主のつぶやきブログへようこそ(^-^)


先日のお休みの日、
かねてから計画しておりました「金華山・黄金山神社」へ行ってきました!

”3年続けてお参りすると一生お金に困らない”
そうで
10年くらい前に一度行ったきりでしたが
ふと今年は行こうという気になって
行ってきましたよ~(^-^)





と、その前に
涌谷町にも黄金山神社があると聞いて
女川へ行く前に立ち寄りました。








緑が濃くて
とっても気持ちがよかったです(*´▽`*)
ジブリの世界みたい♪


そして
金華山行きの船が出る女川港へ―。


裕次郎ポーズはおしょすくて(恥ずかしくて)取れませんでした・・・。(^^ゞ


船に乗る。
とウミネコのえさ(かっぱえびせん←ひとつ食べた。うん、かっぱえびせん(笑))をあげると
ウミネコたちがわんさか寄って来る。

ずーっと着いてくる。



のに、
こやつはこうして楽~にえさをもらう(笑)

(船、動いてます。ほかのウミネコたちは飛んでます。)





船内では金華山公認ガイドさんによる、ガイドがあり
震災の時のお話しや神社のお話をしてくださっていて
外にいた私たちは全部を聞き取ることはできませんでしたが
そのお話しの仕方や想いに思わず涙ぐんでしまいました。

震災当日、”津波が来る”と聞いて船に乗っているこの方たち(船会社の方)は
沖に出て助かったそうですが
陸の事務所にいた方々は亡くなってしまったこと

震災後は金華山へ向かう方も減ったこと

「みんなお金持ちにならなきゃないんです。
そうして税金を納めないと日本はだめになる(表現はちょっと違うかも)」

・・・

などなど
淡々と語るその口調は
すべてを受け入れてそれでもこの町(女川)が好きでずっとここにいて
ご自分が亡くなるまではこれを語り継ぎたい
とおっしゃる、その想いは「愛」そのものだなぁ。。。

と感じて
ウルウルしちゃったのでした。



ぜひ、生であの方のお話を聞いてみていただきたい(*´▽`*)



そして、到着。










銭洗い場

お財布を洗っても良いということで、洗いました。
(皮なので、ハンカチに浸した水でお清め)
うん!なんだか清くなった気がする♪

おみくじとお守りと井戸水で淹れたお茶。


みずみくじ


水に浸すと文字が浮き出る



無人島のこの島に生息しているのは「鹿」









海岸に下りてみる。

冷たかった。。。



神社もパワースポットでしたが
今回の旅は
この海を満喫できたのが何よりもよかったです(*´▽`*)

海と空がとってもきれいでした!



帰りの船でも外がいいなぁ~と思って
外にいましたが
途中で船員さんが
「これから先はちょっと荒れますので、水浴びてしまうので中へどうぞ」
と。
「大丈夫です!外がいいです♪」
と、言った直後に
バッサリ、水をかぶってしまい(海の男の言うことは聞くもんです(;´Д`))
即、中に入りましたとさ。



そして女川港に着いてお昼ご飯。

女川丼


どんぶりはもちろん、全部がおいしかった!
そして感動的だったのはアラとは言い難いほどの豪華なアラ汁。
身がたっぷり入っていました!!

内陸では食べられない一品でしたね☆


そしておいしいかまぼこも買い、帰途についたのでした。



帰り道の奇跡はこの後に続く―。

いや~
神社にお参りにいったおかげさま♡


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胆江日日さんにも掲載してい... | トップ | 守られたお話し・金華山黄金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。