地粉の店 やどり木のつれづれ日記

岩手県奥州市水沢区大鐘町1-3-2
Open 6:00~12:00
定休日 日.水.第3火(不定休あり)

何もつけなくてもおいしい

2016-09-18 09:31:44 | 日記
こんにちは。
岩手・奥州水沢の小さなパン屋「やどり木」の
店主のつぶやきブログへようこそ(^-^)


地粉の店 やどり木の
『お花食パン』

少し日にちを置くと薄くスライスできます。
すると、こんな感じに。

私は南部鉄のフライパンでトーストします。

外側カリッと中はもちっと。


”何もつけなくてもおいしい”と言っていただける
やどり木の食パンですが、
構想・妄想を数年前からしていたものの
なかなか自分の中でOKが出なかったのは
何もつけなくてもおいしい食パンにならなかったから。

そもそも、私は食パンを食べません。

「食パンはないんですか?」
と聞かれることも本当に多かったのですが
どうして作らないかと思いを巡らせたら・・・

”自分が食べないから”

だったんですね!!
気付いた時、自分で笑ってしまいました。
パン屋なのに食パンがない。
その理由が、作る人の世界になかったからだって(笑)

昔は食べていました。
今ほど、食べるものに気を付けていなかった若い頃。
安売りしている100円以下で売られている食パンを2つくらい買って
冷凍して少しずつ食べる、みたいなこと
していました。

その後、自分の食べたいもの(主に、調味料)を口にするようになったら
大量生産で作られ売られているものがおいしいと感じなくなり
やがて、白砂糖を大量に使ったものを食べると気持ち悪くなったりするようになりました。
今やめんつゆに入っている砂糖も気になって
あの甘さでしかめっ面になります。

話がそれましたね。

で、食パンを食べる時には
大概、何かを付けますよね?

サンドイッチは置いておくとして
トーストして食べる、なんて時には
ジャムやバターを付けることも多いかと思うのですが
(そのジャムの白砂糖の甘さが苦手という大前提はありますが)
それって「パン」を食べているんじゃなくて
ジャムやバターを食べているってことないですか?

私はありました。(^^ゞ
一時期、レーズンバターにハマっていたことがあって
その時に気づきました。
”私、レーズンバターを食べるためにパンを使っている!”
と。
(まぁ、それはそれでおつまみなんかにはありかなとも思ったりしますが)

やどり木で使っている小麦粉は岩手県産の小麦粉。
地元で採れたものを地元で加工。
そうしてやどり木のパンは作られています。

本当においしい粉なんです。
風味が豊か―

だからこそ、そのまんまの粉の風味を味わって欲しくて
そのまま食べておいしい食パンを作りたかったのです。
もちろん、デニッシュ生地でなく。

何かつけるのがもったいないくらいの、おいしさを知ってほしかったのです。


ちょっとお値段はしますが
それだけの価値はあります。


安い食パンを買って、それに付ける何かを買って・・・
結局高くつくわけだし、
添加物がたくさん入った食物をたくさん摂取して
忘れたころに病院通いの毎日なんてことになりかねないのなら
(治療費もそのための時間ももったいない!!)
今、しあわせを感じることに真剣に向き合っていけることが
充実した毎日になりますよね♪


昨日”何もつけないほうがおいしい”と
また言ってくださる方がいらして
嬉しくなってつぶやいてみました♪


ご予約も承ります。
やどり木のお花食パン

みんなにお花のような愛が届きますように☆




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今宵は満月― | トップ | 実りの秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事